ラウンジ

生食ロックとヘパリンロック

2007年08月28日16コメント3,724アクセス

5年前まで大学病院で働いた後、訪問看護をやり、もう一度病棟で働きたいと思い4月から現在の病院で働いております。そこで最近驚いたことなのですが…

大学病院ではちょうど私が退職する1年ほど前から、治療目的以外でヘパリンを使用することのリスクを考え、IVH・DIVのロックは生食を使用することになりトラブルは起こらなかったと記憶しています。そして治療目的以外では、ヘパリンを使用することはなくなっていました。またIVH挿入の際にも生食を使用しておりました。

しかし現在の病院では、DIVのロックにヘパリン生食を使用しております。IVH挿入の際には、なかなか入らなかったこともありヘパリン生食をtotal30mlも使用しておりました。さらにIVHの輸液には、つまり防止のためにヘパリン生食を入れております(出血傾向がある患者さんなのに)。これは普通のことなのでしょうか?

このトピックには

16のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます