ラウンジ

輸血の際の針の大きさ

2007年10月10日15コメント1,627アクセス

貧血改善のために、緊急時ではない場合の輸血の際、血管確保の注射針の大きさは何Gを使用していますか?

赤血球の大きさは約8μmくらいと考えると、24Gや22Gでも問題なく滴下可能だとはおもうのですが・・・。

今まで、輸血は最低、20Gと考えていました。

一日2単位くらいの量の輸血であれば、20Gの大きさは必要ないのでしょうか?

若い患者さんで、容易にとれるのであれば20Gで確保しますが、高齢の患者さんであれば、、、20Gで頑張らなくてもいいのでしょうか?

このトピックには

15のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます