ラウンジ

ターミナルの症状緩和

2007年12月17日9コメント1,056アクセス

LKのパンコーストで痛み・呼吸困難感のために、塩酸モルヒネ持続静注している患者がいます。脊椎転移で、四肢麻痺のためADLはベッド上です。ちなみに50代の男性です。

上記の症状については、塩モルのフラッシュで緩和できている状態です。しかし、足のだるさが強くて苦痛です。マッサージすると多少はいいみたいですが、ずーっとしている訳にもいかず・・・フットポンプはきかず、足浴もイマヒトツ。

何か、文献や看護研究など、なんでもいいのでご意見ください!!

このトピックには

9のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます