ラウンジ

点滴や挿管チューブの自己抜去防止について

2008年04月17日4コメント10,822アクセス

私は、救急病棟に勤務しています。

そのため、中心静脈留置カテーテルや挿管をされている患者さんが多くいらっしゃいます。

高齢者の患者さんも多く、またせん妄などが出現し、自己抜去されることが時々あります。

環境整備や(したくないのですが命にかかわるので…)身体の拘束など安全面で考えているのですが、それでも自己抜去の発生件数は減少しません。

皆さんの働かれている施設では、自己抜去防止対策はどのようにされていますか?(末梢の点滴を含めて)

何か良いアドバイスがあればよろしくお願いします。

このトピックには

4のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます