ラウンジ

緑茶での陰部洗浄

2009年07月01日9コメント11,070アクセス

陰部洗浄の方法を変えようかと検討中です。

【過去】

毎日1回微温等で陰部洗浄 週に1回は石鹸を使用し陰部洗浄

【現在】

毎日1回沐浴剤(スキナベーブ)を入れた微温等で陰部洗浄 特に目立つ汚れ・垢がない人には石鹸洗浄は行わない

沐浴剤の使用に変更する際、専用の「おしり洗浄液」なるものを同時に試し両者をサンプリングした結果、効果(スキントラブルや臭いなど)やコストの関係で沐浴剤の使用になりました。

以前から緑茶による陰部洗浄をしたいと考えていたのですが、緑茶の入手方法や管理の問題で延び延びになっています。

陰部洗浄の実施時間は日勤業務の最初(8時30分)に実施。

陰部洗浄対象患者は約60人。

毎食時配膳車と一緒に栄養課からやかんでお茶がくる。

多少の余りはあるが、陰部洗浄対象の全患者に使用するには足りない。

4フロアーある病院で、1箇所のみ給茶機が設置されている。

給茶機の茶殻は毎日1~2回廃棄。1日に出る茶殻の量はお風呂の片手湯桶1杯分くらい。

病棟にガスコンロや湯沸しポットなどはなく、お湯の入手は水道の蛇口から出るお湯のみ。

という感じです。

現在の問題点としては、

1.茶殻を使用する場合

腐敗を防ぐために茶殻の保管はどうしたらよいか?

茶殻使用で緑茶のエキスは出るのか?

水道のお湯でエキスは出るのか?

どのくらい前にお湯に入れればエキスが出るのか?(夜勤帯で準備するのは難しいです)

1箇所の給茶機から出る茶殻をどうやって各フロアーに分配するか?(茶殻を各フロアーに分け各フロアーで洗浄用のお茶を作るかのか、給茶機のあるフロアーの職員がお茶を作り各階に配るのか。)

2.茶葉を購入し作る(コストの関係から難しいですが・・・)

水道のお湯でエキスは出るのか?

どのくらい前にお湯に入れればエキスが出るのか?(夜勤帯で準備するのは難しいです)

などの意見が出ています。

緑茶で陰部洗浄をしている方がいらっしゃいましたら、ぜひご意見をお聞かせください。

このトピックには

9のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます