ラウンジ

カフリークテスト

2009年08月30日2コメント7,331アクセス

最近、新しく麻酔科の先生が就職されました。

先日OPLLの患者さんが手術し、麻酔覚醒後抜管したら、気管浮腫を起こして呼吸困難になり気管支鏡使用して再挿管となりました。

その後鎮静かけてレスピで呼吸管理していました。

次の日に鎮静を徐々に減量していき、抜管するときに

【リークテストするから準備して】

は?リークテストなんて初めて聞いたわ?何かしら?

顔に出ていたんでしょう、???だらけの私。

怒ったように

【ブロンコと注射器とアンビュー用意して】

その後患者さんに話かけつつも、介助の私は無視です。

まず、ブロンコで口腔内覗いてその後カフエアーぬいてアンビューで数回換気してました。エアーがもれる音がしてました。カフエアー再度挿入して鎮静きって無事抜管となりました。

気管浮腫とかでブロンコで口腔内とかみるのは理解できるのですがカフリークテストってなんでしょう?

文献調べてみたのですがよくわかりません。

先生に聞こうにもそのまま去っていかれました。

教えてください。

このトピックには

2のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます