ラウンジ

横隔膜ペーシング

2009年09月06日1コメント1,950アクセス

心臓手術後の患者さんで、一時的ペーシングをされている患者さんが、体位変換後横隔膜ペーシングになってしまったのですが、いまいちどういう理由で生じてしまうのかがわかりません。インターネットなどで色々と探してみたんですが、納得のいく答えがみつかりません。この方の場合、ペーシングの出力を下げたところ横隔膜ペーシングは消失し、心臓ペーシングはそのまま継続できました。この場合は、リードが心筋につながっているために、出力を下げれば、離れている横隔膜に刺激がいかずに消失したと考えたのですが、先輩Nsいわくそういう理由ではないと言われました。横隔膜ペーシング出現時の対応についてもよくわからないので、何かよいサイトや参考書を知っている方はいらっしゃいませんか?よろしくお願いします

このトピックには

1のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます