ラウンジ

ドレッシング材の痛くないはがし方

2009年12月31日5コメント6,571アクセス

高齢の患者さんが多い病棟で働いています

皮膚剥離や小さい褥瘡などでドレッシング材を使うことが多いのですが

はがすときに痛みを伴い苦痛となっていることが多く・・・

痛みで体に力が入ることで拘縮を進めたり、いらいらさせてしまったり

ということがあります

皮膚に逆らったはがし方ではなく皮膚と平行にドレッシング材を

引っ張り、少しずつはがす・・というはがし方が一般的で

褥瘡や皮膚トラブルを管理してくれている医師も院内で推奨して

いたのですが、逆に痛みを訴える患者さんもいました

皆さんの病院ではどのように痛みの緩和をしていますか?

このトピックには

5のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます