ラウンジ
点滴の滴下数

2010年04月22日5コメント6,947アクセス

点滴の滴下数を簡単に計算できる方法があればおしえてください。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

5件/5
No.7

成人用なら…

総量×20÷予定時間(分)÷6

で10秒あたりの滴下数が出ます。

ちなみに小児用なら20のところを60にするだけであとは同じです。

No.6

私の今の病棟は輸液ポンプ使用してるので計算苦手です

でも来月から病棟変わって手落としになるので、今までの指示のある速度の滴下数、メモってポケットに入ってます。

1ml20滴の滴下:500mlを8時間で

の指示

500ml÷8時間で1時間の輸液量がでます。

それを6で割って1分間の滴下数がでます。

1ml20滴なので3で割ると10秒約3.5滴

の計算式覚えておけば、他の指示でも応用できると思います。

計算の苦手な私でもできるので大丈夫

No.5

計算しきが書かれてる、ポケットノートくらいの分かりやすい本が売ってますよ🎶

No.2

それぐらいは自分で調べることですよ。

今は、以前と違って滴下計算がし易いと思うのですが…

以前は、1ml=15滴出したが、今は、1ml=20滴なので、1分間に何滴で落とせば良いか比例計算で出しますが…それを省略したいというのであれば、点滴早見ゲージなるものが売ってますので、それを購入するのが宜しいかと思います。

新人だったら、自分で見やすいものを、自分で作るのが勉強になるのでは?と思います。500mlを6時間で落とす場合、8時間で落とす場合など想定して一覧表にして見て下さい。

ちなみに小児用は、60滴で1mlなので、滴下数は簡単にでますよね。

あとは…輸液ポンプ使用しましょう!