ラウンジ

IVHの固定方法

2008年07月06日1コメント2,975アクセス

今の職場では、IVH刺入部をナートするDr.、しないDr.、そしてループ部位も1〜2針ナートするDr.とさまざまです。

ナートしないDr.はおそらく、抜去された場合、患者の体内にカテーテルが残ってしまうリスクがあるという理由かと思うのですが。

みなさんの職場ではどのようにされていますか?

また、固定方法ですが、カテーテルとルートの接続部分は清潔扱いの為、滅菌ガーゼで覆いテープで固定・・・と新人時代に習ったのですが、

今の職場では、針入部にテガダームを貼付したのみであとは放置です。

感染のリスクは如何なものでしょうか?

アドバイスいただけると幸いです。

このトピックには

1のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます