ラウンジ

エァマットと関節拘縮との関係を調べるためにはどのようにしたらよいでしょうか。

2011年01月14日6コメント2,004アクセス

訪問看護師です。

昨春、PTの新任研修を受け入れた時、拘縮の強い方を一緒に訪問しました。ポジショニングも不十分なことを指摘され、またエアマットを使った方には拘縮が強い印象があるとの感想をいただきました。

その後ずっと気になっていたのですが、ポジショニングのことを学ぶと在宅で長期間エアマットを使っている方はほとんど拘縮していました。それもバリバリの。

調査研究をしてみたいと思いましたが、働いているステーションだけでは症例数が少なく研究にはならないとも思っています。

このテーマで看護研究をするためにはどうしたらよいか悩んでいます。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご意見お願いします。

このトピックには

6のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます