ラウンジ
准看て・・・

2011年01月25日130コメント10,556アクセス

准看廃止で動きがあるのは知っていますが、ずいぶんと就職活動が困難になってきたように思います。

准看と言うだけで面接でさえ断られる現状。

行く先がずいぶんと限られてきたと実感しました。

キャリアアップしたいけれど、年齢的、生活環境様々な事でキャリアアップできない方はずいぶんいらっしゃると思うのですが・・・

ナースとしての資格は10年を超えていますが、この問題准看を苦しめる事は間違いないと思うのです。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/130

廃止の動きは、随分前よりありますよね。

その為に、通信制度も出来たし。

職場でも准看ではいけない病棟がありました。

田舎に居た時は感じなかったけど、関東に出てきて

看護師免許の必要性を感じました。

なので、私は通信に行きました。年齢の幅も豊かで、60過ぎてる

方もおられましたよ。去年、免許を取られた方で、最高齢が70歳代

の方も居ました。子育てしながら、シングルママしながら、働きながら

勉強してた人も一杯います。

匿名さんにも、通信で勉強する事をお勧めします。

時間は作れば出来ます。あとは、やる気次第だと思います。

今後、ますます准看の状況は厳しくなる一方だと思うので。

私は准看を取ってから夜間の学校に進学し、今年国家試験を取りました。勉強の内容は全然違いました。実習の内容も全く違いました。

それだけ、看護師になるためには多くの知識をつけなくちゃいけないし、何よりアセスメント能力をつけることが重要視しているように感じました。准看護師になるための勉強の中に看護過程はなかったですが、看護師の勉強では看護過程があります。

10年准看護師として働いていらっしゃるんですよね?通信も大変だとは思いますが、是非環境が許されるなら国家試験を取った方が良いと学校の先生もよく言っていました。

No.145

あと、医者とのかんけいせいです。

医師は、認定看護師を認めないかたが多いとききます。

医師は、修士や博士号を取得されたかたがたです。

ある名誉院長さまがいわれてました。

看護師も大学院でて、認定したひとなら対等に話しをするよ😢と。

た゛から、専門看護師さんとはお話されますよ。

私の実体験でした。

No.144

これを徹底的に議論することで 日本の看護の発展に貢献できます。きっと大丈夫です

人間はしょせん感情のいきもの

人間はなにか

人間の尊厳とはなにか?

人間の男女の質のさは?

解剖学てきからはどう違うのか

あくまでも持論!!

どんなに知識があっても、素晴らしい人でも

法の下では出来ない行為がある。

病棟においては基準看護という診療報酬の算定基準がある。

これが現実です。

私は高校卒業後准看護学科へ働きながら2年間進学

その後働きながら高等看護学科へ夜学で3年間進学し国家資格をとりました。

19年前の事です。両方の勉強の過程を経験しました。

仕事をするには資格が関係無い部分もありますが

やっぱり勉強の過程の差が出ることもあります。

資格だけで判断できない部分も多くあります。

しかしです。やはり資格社会です。

私のように国家試験をとっても看護師

大学で国家資格を取っても看護師

同じ国家資格を取るのですが・・・

しかし・・・大卒と専門学校卒では待遇が違う時代です

家庭、生活環境が許すならば、進学した方がよいと

職場の後輩には話しています

No.141

看護師への一本化の話は出ていないですよね。

以前、偉い方(あえて伏せます)の話では、「准看護師問題は解決した」とおっしゃっていました。もちろん会場がどよめいたのは言うまでもありません。

時代は専門看護師、認定看護師、さらには、特定看護師へと動いています。

そういった中、解決したとなると、新規の教育は停止の方向、今ある資格はそのままと個人的に理解しました。看護協会でも准看護師問題について検討を見なくなってきているということは、特定看護師などに検討事項が進んでいるということと理解しています。

もちろん今も准看護師教育が続いているのは変わりませんが、どこかで変わらないといけないのだと思います。同じ資格だと認識するからこそ、混乱するのです。明確にいうなら、重なっている部分はあれ、やはり別の資格だと思います。

今は看護師の資格があるからといって、救急救命士にはなれないですよね。同じことではないでしょうか。

今後、特定看護師やナースプラクティショナーが誕生した後、同じようなことをしているから、医師になれるんだという発想になるのではないかという意見が出そうですよね。極端な意見だと思いますが、ここで述べられていることはそういうことだと個人的に認識しています。きちんと本質を見なくてはいけないと思います。

また、国家資格と都道府県知事からの資格、資格はもともと違いますよね。

准看護師は国家資格ではありません。

だからこそ、1本化は難しいと思います。だからこそ、努力して資格を取らないといけないのではないでしょうか。個人的に努力がなければ変わらない、変えられないと思います。

働いているだけで、准看護師から看護師の資格が得られるほど甘い世界ではないと思います。法律上、縛りもあります。それが現実だとするなら、受け入れるしかないと思います。

長年働けば看護師になれるなら、いつまでたっても看護師の地位は変わらないことになるのだと思います。

医師、薬剤師は6年の教育をうけます。ほかの職種もどんどん大学教育が増えてきています。専門職能人としてどうあるべきかちゃんと見なくてはいけないのではないでしょうか。感情ではなく、専門職能人としてです。

それと、書き込みの中に正看護師とありますが、厚生労働大臣からもらった免許には、看護師免許と書かれています。つまり、正看護師という資格はありません。それこそ准看護師に対する差別だと個人的には思います。

今後の医療界で専門職能人として働くためには国家資格は必要だと思います。

135番さん、確かに准看でも素晴らしい人はいる。の言葉は、准看を下げてるのかもしれません。でも、正看なのに、准看と変わらない。という意味にも、私には聞こえました。

でも、勉強の量からすれば、やはり正看の方が遥かに勉強量は多いので、すごいと思います。私は春から准看として働きますが、進学はしたいと考えてます。自分自身が、納得しているなら、准看でも、正看でもいいのではないのでしょうか?

私たちが、あれこれ言った所で、何も変わらないですもんね😉

人のことよりは、自分自身に

目を向けて頑張ればいいと思います。

なぜみなさん資格に拘るのでしょうか?

そもそも資格は自分自身の戦いの結果であるのでしょうし

そのことで他人と比較するのはあなた自身の中でなにか大きな意味があるのですか?

すごい無駄な次元で力を使ってらっしゃると思います

はっきり言って「言いたい奴には言わせておけばいい」のですよ

もっと違う次元でまったく違う自分を見つけるとゆう選択肢は考えられませんか?

もちろん看護師、准看護師としての自分を続けながらの話ですけど

No.138

早く一本化すべし。これに尽きます。

がんばって看護師になどという努力論はナンセンスです。

私も准看護師から看護師になりましたが。