ラウンジ

経管栄養持続注入中の血糖コントロールについて

2009年02月03日11コメント3,637アクセス

現在、患者さんで、経鼻胃管から栄養剤が持続注入されている方がいます。

糖尿病もあり、血糖測定・インスリン投与(ノボラピッドを7時・12時・20時に皮下注射)をしています。

経管栄養が持続で行われる患者さんをみるのも初めてで、このインスリン投与方法で血糖コントロールができるのか疑問に思い、投稿させていただきました。

このような患者さんをみた経験のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えていただきたいと思います。

よろしく願いします。

このトピックには

11のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます