ラウンジ
胆嚢摘出患者の退院指導

2011年06月11日1コメント9,094アクセス

私が受け持たせて頂いている患者様は胆嚢結石で先日腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けました。回復が早く、私が退院指導のパンフレットを作ることになったのですが、指導者のナースに「個別性を重視して」と言われます。

パンフレットで何を指導すればいいのかわからなくなってしまいました。パンフレットで取り上げる内容としてアドバイスがあればお願いします。

ちなみに患者様の個別性として

・肥満、高血圧あり

・運動は全くしない

・食事はコーヒーやポテトチップスで済ませる

・コーラ(500ml)が好きで1日3~4本飲む

・外食が多くなる

などです

あと胆嚢を摘出すると一生脂肪分解の機能は低下したままなのですか?よければ教えてください。お願いします。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

1件/1

胆嚢摘出:胆嚢が無くなっても、生活上に支障をきたすような後遺症はまず

起こりません、軟便や下痢傾向になる指摘はあるが臨床的には問題にならないことが多い

脂肪分解機能は低下しませんが必要以上の脂肪摂取はNGです

食生活の改善の必要があります

結石成分はコレステロールでしたでしょうか?と思われます

現状の食生活を続けると

・糖尿病

・高脂血症

・動脈硬化症

・脳梗塞・心筋梗塞(血栓)のリスク状態にあると判断できます

BMI・血液検査データーを参考に何故、必要なのかを指導されると

良いかと思われます

実習、頑張って下さいね