ラウンジ

バルーンカテーテルのバッグなしの意味について

2011年07月28日2コメント4,141アクセス

心不全で飲水制限のある患者さん(認知症、度々不穏あり)の、尿道留置カテーテルについて質問させていただきます。

以前は、普通のバルーンカテーテルでバッグに蓄尿し、排尿チェックをしていました。

自己抜去されたことも二回ありました。

先日、留置カテーテルの入れ替えが行われてたようなのですが、尿を溜めておくバッグがなく、尿道からカテーテルのチューブのみがつながれてました。

チューブの先端にはキャップがあり、看護師が頻回にトイレに誘導し、キャップを外して排尿をトイレでチェックしています。

チューブは普段はオムツ内におさめてます。

バッグつきの普通のカテーテルから、カテーテルのチューブのみに変更になった理由は何なのでしょうか?

自己抜去のリスクを少しでも減らすためですかね!?

ご意見お願いします。

このトピックには

2のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます