ラウンジ

血小板輸血

2011年08月08日0コメント1,260アクセス

輸血について課題を出してもらい今調べています。

私の病棟では輸血が頻繁にあるのですが、病棟のきまりで血小板輸血では38℃の熱発があるときは解熱してから輸血することになってます。

RCCは大丈夫なのになんでPCだけだめなんだろうと思って調べています。

私は、血小板輸血不適応状態が関係していると考えました。

血小板輸血不適応状態は発熱が原因で起こることもあり、輸血の効果を確実にするために解熱してからの輸血が良いとされているのではないかと考えています。

この考えは間違っていて、他に理由があるのでしょうか?

よろしければ教えていただけないでしょうか。

このトピックには

まだコメントがありません

会員登録(無料)をして

「最初のコメント」を投稿しませんか?