ラウンジ

教えて下さいディオアクテブ使用方法

2011年09月29日10コメント1,279アクセス

 有料老人ホームで働いています。対象者は80歳代の女性です。

日常の殆どを車いすですごされています。それゆえ坐骨結節部、仙骨部に常に圧が、加わり褥創のリスクは高いと思われますが・・食事も経口でとれていますし栄養状態も良好です。先日、坐骨結節部がピンク色を呈していました。ベテランナースはディオアクテブを貼る処置をしました。「貼った所がよれて痛い」とベット上で側臥位で過していました。活動制を低下させています。右下腿を切断していますが、普段は車椅子を使い活発に生活をなされています。褥創の無い状態でディオアクテブを皆さんは使用しますか?座面の円座をウレタンなど違う素材に変えたほうがよいのでは・・と思うのですが、今年、看護師になった新人です。ベテランナースは60歳代「貴方と私は受けた教育が違う」からといわれました。この方の根拠が解りません、私が間違えているのでしょうか教えて下さい

 

このトピックには

10のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます