ラウンジ

看護以前の問題

2011年10月03日96コメント18,048アクセス

祖父が入院して、看護学生がついたんですが。

各論実習とは思えない、何もしないんですね。

祖父は糖尿もあり、今回は脳梗塞の回復期でもあり、

リハビリの計画も、足が炎症をおこしかけているのもあり、

フットケアの計画も立てようと思えば立てれる筈なのに、

ただしゃべっているだけ、と。

で、看護学校の教諭を見かけたので、聞いてみたんですね

あまりに自分のことしか話さないので祖父も疲れていたので。

そうしたら、指導します、と謝られ...別に謝って欲しい訳じゃなかったんですが。

帰りスタパに寄ったとき、「本当○○(祖父の実名)の孫調子乗りすぎ!」と大声で言われてびっくりしました

「話しかしてないとかふざけすぎ。こっちは話してやってんだってーの。老い先短いんだからさ」と携帯でしゃべってるんです

注意しにいったら流石に顔色がかわりましたが。

正直憤慨しましたし、悲しかったです

学校に事情を話し、学生を外してもらうよう頼みました

正直、何かをしてやっている、という思いから間違っていると思うし、学校は何をやっているんだと、思います

こんな学生ばかりでないことはわかっていますが、反面教師として勉強していただきたいです

このトピックには

96のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます