ラウンジ

褥創について

2011年10月19日4コメント1,165アクセス

現在、褥創が右の大転子部に4cm(Sheaの褥瘡の分類で3)の

患者さんがいます。

完全寝たきりの状態で、体動はありません。

栄養は胃ろうで経管栄養(1日750kカロリー・水分750ml)

消化器系に疾患があり、栄養がうまく吸収されなく以前は

1日900kカロリー・水分300mlで実施していたのですが

下痢症状が続くため現在に至り下痢症状は治まっています。

現在の処置として1創部はイソジンシュガー

        2電動式無圧マットの使用

        3体位変換を仰臥位と左側臥位

と以上のような感じでやっていますが、問題として3の体位変換なんですが

すでに出来てしまった褥創を悪化させないようにと仰・左側臥位を

行っていますが、最近左臀部に皮ムケができてしまいました。

自分でもいろいろ考え、調べていますがお手上げ状態です。

どなたか、助言をいただければ幸いです

このトピックには

4のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます