ラウンジ

基礎看護技術の習得

2011年11月02日3コメント762アクセス

看護学生2年です。

基礎看護技術の習得について悩みがあります。

私は、ひとつの技術を覚えるまでに、周りのみんなの倍くらいの練習をしないと身につけることができません。

手順や必要物品、技術を行う意味などは教科書で事前に勉強して覚えているのですが、いざ実施になると体を思うように動かすことがでません。

例えば、洗髪であれば振動を与えないように頭をしっかり支えて…と意識すると、髪を洗う側の手はどう動けばいいのかわからなくなったり、寝衣交換であれば、袖を通す時に寝衣をずらして腕を通しやすくするまではできても、患者さんの腕の動かし方がわからなくなったりします。

わからなくなると、動きが止まってしまいます。クラスメイトに技術のコツなどを聞くと「普通にやってるだけだよ~」と言われてしまい、逆に私がなぜ上手くできないかが理解できなくて困らせてしまっているようです。

技術の演習中に、先生から「もしかして不器用かい?」と言われたこともあります。確かに、指先の作業は得意ですが、スポーツは特にしていなかったことと、幼少期は外に遊びに行くことができなかったので、体を動かすことは不得意なほうです。

今後の基礎以外の技術の授業にもついて行けるか不安です。また、このままだと練習に付き合ってくれる人がいなくなりそうで心配です。

でも、何とかして、これから関わっていく患者さんと自分のためにも、まずクラスのみんなについて行けるくらいには、技術ができるようになりたいと切実に思っています。

同じように技術の習得に困難さを感じている方や、技術は苦手だったけど現在臨床で日々技術を実践できているという方など、おられましたらアドバイス等をいただきたいです。

長文すみません。

よろしくお願いします。

このトピックには

3のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます