ラウンジ

感染症の対策について

2012年04月05日4コメント797アクセス

以前に勤めていた大学病院では、B型肝炎など感染症(+)の場合、消毒は使い捨ての包交セットを使い、必ずディスポの手袋着用し、採血も行ってました。

シーツや寝衣交換も、感染者用のポリ袋にいれて、洗濯にだしていました。

今の病院では、感染症(+)かどうかも、はっきりとカルテの明示されていません。

ガーゼ交換も、同じ鉗子立てから攝子をとりだしています。

駆血帯も、血液汚染の危険あるので、別にしたほうがいいと思いますが。

同じです。

感染対策できていないといっても、問題にもしてくれません。

今の時代に変だと思いますが、どう思われますか?

このトピックには

4のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます