ラウンジ

「麻痺がある患者の場合、介助者は健側に立ち介助を行う」について

2012年09月02日4コメント4,633アクセス

「麻痺がある患者の場合、介助者は健側に立ち介助を行う」と参考書に記述されているのですが、理由は何故か教えて頂けませんでしょうか。

食事は健側の腕を使って行う為、麻痺側には枕を置くなどして固定してバランスをとり、健側側から食事摂取の補助を行うという認識でいいのでしょうか。

歩行時は麻痺側に立って誘導するとあり、その際は麻痺側に倒れやすいからだと思うのですが、食事介助は健側という理由がはっきりと理解出来ずにいます。

このトピックには

4のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます