ラウンジ
学生からのクレーム

2012年11月02日61コメント9,390アクセス

当院には、三つの看護学校から学生が実習に来ています。

看護部長から看護学生には優しく接するように…との御達示があります。

優しくすれば、学生はそのまま就職してくれるという考えです。

看護師不足のご時世ですからね。

でも、だからでしょうか…。

学生はダラけているように感じます。

学生同士での私語とかね…。

まぁ、それは目をつぶるとしても、厳しい指導者がいると、教務と学生とでクレームが入るのです…。

「あの指導者のこの言葉使いが悪かった。」とか「もっと早くして。」と言われたとか…。

だから指導者は、クレームが入らないように、丁寧語を使い、優しく接しています…。

こんなんで良いんでしょうかね。

厳しい指導者に堪えての実習は、もう昔の話になってしまったんですかね…。

もちろん、厳しい指導が良いとは言えないと思いますが…。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/61

3年前のスレを良く探してくるもんだなぁ~。

質問とかされたくなくて厳しい(拒否的)態度を取る指導Nsは居ましたね。

学生も犬猫じゃないんでNsの言動や態度を見てますよ。

私は一ヶ所だけ指導も教諭もおかしい人だらけで実習辞めたくなった。

実習を終えてみて、印象に残っている指導者さんがいます。

学生に対して、細かく指導して下さり、間違っていることは間違っているとはっきりと言ってくださりました。学生が自分で考えてもどうしても分からない時は一緒に考えて下さりました。この指導者さんは信頼できると思ったため、沢山相談し、アドバイスをいただけたので、学びが深まりました。

優しいだけではなく、間違っていることは間違っていると時には厳しく指導して下さる指導者さんがよいと思います。

私は看護学生1年生で今度、初めての実習がありますが、言い方の度合いがどの位なのかわからないですけど、実習に行って看護師の先輩に教えてもらえたり、注意されたとしても、どうして注意をしているのかの理由を言ってもらえたら自分的には理解出来るし、次は気をつけなきゃとか、納得すると思います。

😃

いつの頃からか「ゆとり」と言う風潮が良いとされて来て世間もそれを受け入れました。

当然、医療や看護の業界にもその流れが押し寄せました。

教員の方は学生を卒業させて国試を合格させるのが課題で、看護師として臨床に出た時の事まで正直手も頭も回らないのだと思います。

昔話をすると若い方には嫌がられますが、私は厳しい教員の先生に私生活から些細な事まで社会人としての礼儀を叩き込まれました。「いやならやめなさい、看護師だけが仕事ではない。あなたに看てもらう患者がかわいそう」と何度も言われました。

幼かった私は当時はムカついたりしましたが、学生が実習に来て教員とのやりとりを見ていると私に看護とは何たるかを教えてくれた教員の先生につくづく感謝する日々です。

看護部からは

「インシデントを起こさず新人のモチベーションを維持しつつ、否定せず、褒めて、離職させずに、早く一人前になるように指導する。」

んな事できる看護師はいるのでしょうか?

頭が痛くなりますよね。

人を育てる。

生きている限りつきまとうものだと思います。

それが何に繋がるのか…

もっと妄想してみてもいいのかなと思います。

例えば、自分や自分の大切な人の老後とか。

2025年以降、一体どんな社会になるのでしょうね。

実習に来させて頂いてるんだって気持ちで臨みなさい。って先生に言われていた記憶があります。

だいたい、実習指導者へのクレームを教員を介して病院に来ることが「え?」って思います。

明らかに病院側やスタッフの言動に非があればしょうがないですが。

わたしは実習生ですが、おっしゃる事に同感です。私語や態度に疑問を感じることが沢山あります。『させてもらっている』とゆうことを忘れている気がします。わたしも気をつけようと思います。😊

私が思うのは、指導者さんは、患者さんの命を守るため、学生のために叱ってくださっているのだと思います。本当に相手のことを思っているからこそ、厳しくしておられるのだと思っています。私としては看護師という仕事の厳しさややりがいを学ばさせて頂きたいと思っています。私は優しい指導者さんより、厳しい指導者さんから学びたいと思います。あと、学生として忘れてはいけないのは、患者さんや指導者さん、支えて協力してくれる人たちへの感謝だと思っています。