ラウンジ

急変時の対応に関して

2013年03月21日8コメント1,532アクセス

急変時の対応として、「呼吸停止」・「頸動脈の触知不可」が確認されたら(頸動脈の触知は慣れていない人ならしなくてもよい)「胸骨圧迫」だと思うのですが、Drから心拍音を聴診器で確認しろと言われました。ですが、心拍音を確認する理由もしなくても良いとする理由もよく分かりません。皆さんはどう思われますか?

このトピックには

8のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます