ラウンジ

事故抜去と自己抜去

2013年04月08日10コメント8,796アクセス

私は以前に、“患者さんが点滴やチューブ類を引っ張って

抜いている瞬間を目撃したなら「自己抜去」と書けるが、

ベッドサイドに行ったら抜けたチューブ類がシーツや床に落ちてたのなら

どうやって抜けたのかわからないのだから「自己抜去」とは書けない。

それは患者さんに責任をなすりつける失礼な行為だ。

だから、その場合は「事故抜去」と書きなさい。”と教わりました。

ところが、今年度から新しく師長になった方から

“「事故」と書いてしまったら、こちらが悪いと全面的に認める事になり、

もし訴訟を起こされた場合は負けてしまうから書いてはいけない。”

と注意されました。

皆様の施設では、看護記録に、どのように表記されていますか?

実際、訴訟に負けてしまうのでしょうか?

看護雑誌などでも表記が分かれていて

統一はされていないように感じます。

このトピックには

10のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます