ラウンジ
FiO2と酸素流量の関係について教えて下さい

2013年05月23日19コメント25,483アクセス

脳外科、神経内科病棟で勤務している新人です。

病棟内にはレスピレーターを使用している患者さんが数名いらっしゃいます。そのような患者さんの移送時などには一時的にアンビューを使用しているのですが、疑問に思ったことがあります。

FiO2 20%以上の指示が出ている患者さんに対しては、アンビューに酸素ボンベからのチューブを繋ぎ、酸素を流しながらアンビューで送気しています。

この時に流す酸素流量は、FiO2に対してどのような基準があるのでしょうか?

酸素流量とFiO2の関係については、鼻カニューレでは1L/分ごとに約4% FiO2が上がるということが言われているようですが、気管内に直接送気する際についての文献が見当たりませんでした。

鼻カニューレとはかなり条件も違うため、気管内へ直接送気する場合は、酸素流量が1L/分上がる毎に、もっとFiO2は上がるのではないかと思いますが、はっきりとした文献もないため不安です。

先輩はだいたい鼻カニューレと同じように計算しているようで、「移送の間だけという一時的なものであるからSpO2を測りながら、その値に合わせて酸素流量を微調整している」とのことでした。

もし、ご存知の方がおられましたら、ぜひ教えて下さい。

このトピックには

19のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます