ラウンジ

悪性症候群

2013年10月11日5コメント5,370アクセス

抗精神薬の最も重大な副作用、悪性症候群について。

教科書では、発熱、血圧低下、昏睡、筋痙攣、CPK↑

など、書かれていますが、

ネットで見ると大抵は、同じですが、

発熱、頻脈、血圧上昇とあります。

自分としても、教科書の発熱して、血圧低下?と納得いかず、血圧低下し、頻脈?とスッキリしません。

教科書の血圧低下が間違いなのでしょうか?

精神疾患に詳しいかた、御指導お願いします。

このトピックには

5のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます