ラウンジ

冷罨法は妥当

2014年06月01日30コメント1,638アクセス

点滴漏れで、発赤.熱感がありましたが発赤も薄れてきていたのに、空の点滴の入れ物の中に水を入れ冷却したものをタオルに包まず、冷やした結果、発赤もUPし水泡ができていた。

そんな事すると、患部が 悪化したり凍傷になるのでは、と話すと師長の指示だと言いやめようとしないので、医師に報告するとやめるように指示あり中止になりましたが、皆様は、この場合どんな対応をしますか?。

このトピックには

30のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます