ラウンジ
採用試験を受けました。

2014年07月27日17コメント9,974アクセス

こんにちは。

現在就活中の看護学生です。

先週、第一希望の病院の採用試験を受けてきました。

一次試験の書類審査は通過し、二次試験は小論文と面接でした。

小論文は自分の思いを論理的に経験をもとに論述することが出来たと思います。

しかし、面接に失敗しました。

私は、今年の春に開催された合同就職説明会や病院説明会、インターンシップに積極的に参加して「ここしかない!」と思える条件がぴったりの病院と出会うことが出来ました。

よって実際に就職することを考え、その病院のインターンシップに3回行き(1回につき1病棟の見学・体験なので)どの病棟の雰囲気が良いか比較してみたり、病院説明会にも参加し、病院の機能や理念等の情報収集を怠ることなく就職活動をしてきました。

もちろん他の病院のインターンシップにも参加しましたが、やはり上記の病院に就職したい!と思いました。

面接時の面接官を務めていただいた方は、インターンシップでお会いした看護師長さんで、私はインターンに何度も参加させていただいたこともあり顔を覚えていただいていたようで、面接前に「とても印象に残っていますよ、試験を受けにきてくださりありがとうございます」とのありがたいお言葉をいただけました。

しかし、とても私が極度に緊張していたり準備不足(予測した質問に対してどう答えるかを文面に表し事前に考えておいたのですが、実際に声に出して練習するのができていませんでした)で、その後の面接官の質問に対して、しっかりと答えることができなかったのです。

面接官は私をリラックスさせるために世間話や笑顔で落ち着かせようとしてくださったのですが・・・・

同じ単語を羅列して話してしまったり、自分が質問に対して答えている途中に質問内容を忘れてしまったり、「この病院がいいんです」ということを闇雲にアピールしてしまったり・・・実習の経験を活かして話したところもありましたが、上手く学んだこともはなせず、伝えたいことも伝えられずに終わってしまいました。

また、自分のマイナスな面ばかりをなぜか話してしまったり。(嘘がつけない性格で自信も持っていないので自分を評価することが出来ないんです)

面接官に「あなたはすごい真面目である印象をすごく受けました」とおっしゃっていただいたのですがこれはプラスと捉えていいのかマイナスと捉えていいのか・・・

面接が終わった後、ショックで悔しくて、後悔ばかりが残り涙が止まりませんでした。

本当にこの病院が魅力的で絶対ここで働きたいと思っていたからこそ・・・

就職試験は受からせるための試験であるといいますが、私は面接で何もかも失敗してしまったような気がします。

それまでの印象はおそらく良いはずだったのに・・・

第二希望を考えないくらい、この病院に就職したい気持ちでいっぱいでした。

しかし、手応えも何も感じられなく、結果発表まで他の病院もリサーチしなければな・・と思いました。

普通にしていれば落ちないと言われる試験に落ちるトラウマが今後も残りそうです。自信をなくします。しかしそれが自分の今持つ限界の能力なんだと痛感させられるとさらに・・・

思いを文章には綴ることが出来ても実際に話すことが苦手で、こんな私はどの病院に言っても使えない奴なんじゃないかと負のスパイラルに陥っています・・・

やはり採用試験は面接が一番重視されますよね・・・

結果を待つしかないとわかってはおりますが、そのことばかりが頭に残ってしまいます・・・つらいです

このトピックには

17のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます