ラウンジ
体位変換にバスタオルは使いますか?

2014年09月06日25コメント15,684アクセス

今さらな問題が起きています。

体位変換にバスタオルを使用していますか?

うちはバスタオルを使って、身体を一旦浮かせて体位変換しています。体交まくらは、バスタオルの上に置いています。

それが褥瘡の発生原因になると。

師長は、ベクトルを使って、患者さんの身体を浮かせなくて良いから滑らせるように。と。

バスタオルを無くして1ヶ月。腰痛悪化です。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/25

褥瘡予防の観点からは、現在ではシーツを使用しないのは一般的です。

かといって、滑らせる?体位変換はズレ力により、褥瘡発生のリスクを高めます。

1度、皮膚排泄ケア認定看護師に勉強会を依頼してはどうでしょうか。なぜ、シーツを使用しないのかエビデンスをもって説明してくれると思います。

そのうえで、腰痛対策としてボディメカニクスの応用や、看護師2人体位変換の徹底等の業務改善を検討してはいかがでしょうか?

私も仕事で腰を痛めて一週間休みました。そのため、病院にスライディングシートを購入してもらい使ってます。お陰で腰はすごく楽です。最近はスライディングボードも購入してくださり、ストレッチャーへの患者の移動は物凄く楽になりました。是非試して下さい。

是非スマイルシートを使ってください!看護部や病院に購入を!

バスタオルは使用していません。

体格が良い方は体位変換時のみバスタオルを使用し、体位変換後はバスタオルをん抜くようにしています。

体位変換は必ず2名です。

滑らすこともしていません。摩擦が起こるので良くないと思いますが……

やはり、自分達の腰を考えるとバスタオルは必需品ではないですかね?体格の良い方の体位変換であればなおの事!夜勤では50人×4回で200ですよ!夜勤明け は整体に行かないとやってられません。

我が病棟でもバスタオルを使用しています。恥かしながらバスタオルが禁止されているとこの場で知りました。

体位変換、移乗に使用していますが、当たり前だと思っていました。シーツを使用されている方の意見もありましたが、シーツは、体位変換したら、どうするのでしょうか?敷きっぱなしでしょうか?敷きっぱなしなら、バスタオルと同じコトになるのでは?と思いましたが。

スマイルシートやハーティーグローブ?という言葉を初めて聞きました。どのような物で使用方法を教えていただけると有難いです。

バスタオル使うと便利ですが褥創の原因になる為に、うちでは使っていません。だからと言って特別に何かを使用するわけでないので 腰は痛いですね。必ず2人介助で体交してます

他の皆様も回答なさってる様に、褥瘡原因になる為バスタオルは使用していません。エアマット等褥瘡対策のマットを使用している場合も効果が薄くなるので使用しません。

滑らせる事はズレ力がかかる事になるので、それも褥瘡発生の大きな要因となりますので、二人以上の介助をしています。腰痛は…コルセット着用しててもツライ時ありますよね(´_` i)腰痛が酷くならないように体交時の自分のポジショニングだったりコルセットだったり、腰痛と上手く付き合うしか…

あとは、エアマットの業者さんを呼んで、職場で褥瘡の簡易セミナーを開いてもらう事も出来ます。褥瘡発生のメカニズムや予防法を簡単ではありますがかなり有意義な事を聞けると思いますので、理解のある上司ならば提案してみてはいかがでしょう?

私の病棟では普通にバスタオル使用しています。重症心不全など浮腫のあまりに酷い患者さんだと、そのまま持ち上げたり滑らせたりする方が怖いです…

昔、病棟で働いていたころ 使っていました。

今は使ってないんですね。

参考になりました。

でも 私も使わないと スレ主さんと同じく 腰痛が起こりそうです。