ラウンジ
休職することにしましたが・・・。

2014年10月26日61コメント14,618アクセス

今年の春から半年間働いていた新人ナースです。

職場の人間関係、特に教育担当との関係に悩んでしまい、休職することにしました。

ほう・れん・そうができていない、態度が尊大で謙虚じゃない、あいさつもお礼もろくにできない、明るくない、いつも暗い顔をしている、自分のことなんだから技術の確認は自分でやって、患者に対して上から目線だ、患者を人間として見れていない……など、言われてみればそのとおりかもしれないと治そうと頑張ってきたつもりですが、結局治っていないし変わっていないといわれ続け、なんだか疲れてしまいました。

また、同期達が既に夜勤を始め、そろそろ独り立ちをしている子もいる中で、「とても夜勤はさせられない、しばらくは日勤で」とも言われて完全に心が折れてしまいました。

特にほう・れん・そうの件ですが、必要だと思って報告をすれば

「そんなどうでもいいこと、私の作業中や人の話に割って入ってでもするようなこと?」

と言われ、話が終了するのをまっていれば

「早く話が終わらないかというような顔で待っているなど失礼じゃないか」

それならばと他の作業をしてまっていると、あちらから声をかけてきて

「私から声かけなかったら、いつまでも報告忘れてたんじゃないの?」

と言われ、私が「貴方の手が開くのをまっていたんです」と言うと

「言い訳はいいから。忘れていたなら忘れていたと正直に言いなさい」

と……。

そして、「ほうれんそうは入職当時から何度も言っているのに、全然解っていない。どうすればアナタが解るのかもう私にも解らない」といわれ、私も訳がわからなくなってしまいました。

最近では職場で声を出そうとすると、喉の奥に絡まったようになって出てきづらくなってしまいました。

家に帰るなり「いつまでたっても同じことを注意され続ける私なんてしねばいい!」と号泣し、両親の勧めで精神科にかかり、うつ病、適応障害と診断されて1ヶ月の休職を進められたのが数日前の出来事です。既に師長さんにも休みたいという連絡をして受理されました。

そこで、私は休職中、どんなことをしていれば良いのでしょうか。

周囲の人は「休めばいい、ぼんやりしていてもいい」と言うのですが、身体は健康なはずなのにただ休んでいるというのもどこか気が重いです。

時間があるのなら、看護の勉強とか、した方がいいのでしょうか?

趣味の漫画を読んだりとか、してもいいのでしょうか?

家の食料品の買出しとかであれば、外に出てもいいのでしょうか?

うつで休んだ知り合いで、遊びに出かけたことを批判された人がいるので、休み中の行動がとても不安です。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/61

40代のオバチャンナースです。

とても辛かったでしょう。痛いほど気持ち分かります!!体調を崩してしまったけど、よく頑張りましたね…ぎゅっと抱き締めてあげたい気持ちです。

先に言います。貴方は全く悪くありません。

きっと、その指導者は指導者の資質も素質もないままにその役目をすることになってしまった可哀想な人なのです。

今は仕事のことを考えたり勉強しようとしたり、もう、頑張らなくていいんです。

だって、ずっと頑張って来たんだから…

先ずは仕事の事は忘れて心と身体をゆっくり休めて下さい。旅行など、遊びに行っても良いんですよ。休職中と言っても休みの種類が違うのだから…主さんは気分転換が必要なんだから…

今時、その様な人がまだ居るのにビックリです。そんなのは私の時代(20数年前)で終ったと思ってました。主さんはとても運が悪かったとしか言えません。職場の環境が悪かった…。せっかくこの仕事を選んで頑張ろうとした一人の人生をダメにしようとしてしまう…しかし、そんな環境に主さんは今までよく耐えましたね。

昔は…

少し私の事を話させて下さい。

私の新人時代も主さんのされていた事は常でした。使用済みのオムツを投げつけられたことも。学生の時は早番が朝5:30からなのですが、次から次へとものを言いつけられ学校に遅れそうになり泣きながら仕事をしていました。学校のあとは19:00迄遅番がありましたが、時間内に仕事が終わっても「もう帰るつもり?」と、時間で帰れた事はありません。先輩たちは殆ど学校のOGだったんですが、「卒業しちゃうと(学生の時の気持ちなんて)忘れちゃうのよね~」と一言。彼女たちにとって雑用係だったんですよね…

あの職場で人間扱いされた記憶はありません。

時代が時代なので今ではあり得ないことですが、以前はガラスシリンジが主流だったので消毒液の入ったバケツにシリンジを浸けておくのですが、針が付いたまま浸けるのは当たり前で、すすぐためにバケツから両手ですくいあげると、炊事用ゴム手袋をした手に何本もの針が刺さっています。このおぞましい光景、想像できますか?先輩ナースに針を外してからバケツに入れて欲しいと何度も頼みましたが、「なに言ってんの?昔からこうなんだからね!!」と。師長にも伝えましたが驚くべき事に返事は全く同じでした。

申し送りをすれば、ボールペンをカチカチさせながら「なに言ってるか分からない」と言われ、「もう仕事に来ないで」「邪魔なんだよ」「あんたとは働きたくない」等と毎日言われていたので同期と毎晩泣いていました。(寮生活でした)

まだまだ驚愕エピソードはいくらでも有りますがこの辺で…

今となっては笑い話になりました。

その当時は休みも月に1日あれば良いくらいでしたので、このままでは職場に殺されるかも…と本気で思ったものです。しかし、腐った先輩ばかりだった訳では無かったことも事実。先輩たちは皆、とにかく厳しかったけれど、ただストレスの捌け口にしている先輩と違い、愛のある厳しさの先輩もいました。その先輩の教えてくれた事は今でも決して忘れません。

同期の中には主さんと同様に心が悲鳴をあげ、去っていった娘もいました。

私がその職場で学んだ事は“こうなってはいけない看護師“の姿でした。学生ながらに心にしっかりと刻み込んだことを覚えています。とても辛かったけど、学生時代や新人の時に体験したことは未だに忘れることはありません。

話を戻しますね。長々すみません。

まず、指導者や先輩の役割と言うものは、当たり前ですが新人を罵倒するためにいるのではないんです。プリセプター(特に新人の)って、その人の今後の人生を左右するほど重要なんだと言っても過言ではないと思う。もちろん新人の性格や素質も少からずあるけど、指導者の教え方次第で良くも悪くも育ち方が変わる。

中堅も管理職者も、教わる方より教える方がどれだけ難しい事であるかが、実はわかっていない人が多すぎる。

よく、「何度言ってもちっとも覚えない!!」というナースが居るけど、それを聞く度に「それは教えられる方が悪いんじゃなくて、あんたの教えかたが悪いんだよ…」と思う。偉そうにしているが、教わる方の人間を指導者のあなたはどれだけ理解してるのか?新人は常に緊張しているのに、指導者が更にプレッシャーをかけてどうする!出来ることも出来なくなってしまうだけ。相手の性格や素質、どの様に教えれば延びるか、何につまずいているのか…何に悩んでいるのか…

指導者の最初の仕事は、新人がリラックスして業務を遂行出来る環境をあたえる事。

そのあとは、何でも打ち明け、相談しやすい窓口となること。もちろん厳しさは必要です。

私が指導者の時には、常にその重責に悩んでいましたよ。この子をどうすれば立派に育てることが出来るかって…看護師という仕事を嫌いになったらどうしよう…その人の人生を自分が変えてしまうかも知れない…って。(まあ、そこまで思わなくても…と思う方もいるとは思いますが。)

それに、本当にとんでもない新人さんも居ることもまた事実だけれども…

今はゆっくり休んで、落ち着いたら自分は何がしたいのか…を考えてみたらいいと思う。

偉そうに長々とすみませんでした。

こんにちわ。

文面読んでいてかつての自分を重なることがあり、涙が出てきました。私も新人で入職した病院で同じようなことがありました。

私の場合は、毎日朝から先輩に怒鳴られ、やることなすこと否定されました。なぜ怒られているのか、勉強方法はどうすればいいのか等、その都度確認していましたが、聞けば聞くほど怒鳴られる、先輩がやれと言われたことを別な先輩に否定され、何が正しいのかわからなくなり、混乱したりしました。また、先輩達が二日酔いで出勤し、酒臭気がすると患者の家族から言われたため、主任や師長に伝えましたが、全くスルーされ、人間不信になりました。総合病院であったため、1回目の休職後、移動願いを出し、別な部署へ行きましたが、そこでの師長に言われたことは「看護師は吐いて捨てるほどいる。あんたなんかどこに行っても無理だから、私が拾ってやったんだ。感謝しろ」という言葉。

自分はなぜ、この仕事を選んでしまったのか、どこで間違えてしまったのかと責めてしまいました。

結果、うつ病、適応障害と診断され、2回ほど休職しその職場は退職しました。

休職中、何かしなければと焦ったり、勉強などした方が良いと思いましたが、メンタルクリニックの医師からは止められました。やればやるほど自分を追い込んでしまうと言われたからです。そのかわりに勧められたことは、

毎日規則正しく生活すること。

ご飯は食べたくなくても少しでも食べること。

自分が好きなことができそうなときは、短時間だけやってみること。

疲れを感じたら横になって休む、その時はテレビやインターネットも見ない。

天気の良い日は、友達と過ごしたり、何でもない話しをすること。

買い物に行けそうなら、1時間程度から始めてみる、無理をしないこと。

以上のことを少しずつやってみることでした。

ご自分の今の気持ちを素直に話せる方が一人でもいれば、その方と話すことが良いように思います。

うつは必ず良くなります。自分を責めないこと。たとえ貴方を責める人がいても、その人の話を今は聞かなくてもいいのです。

うつを治すためには、時間がかかります。でも、必ず良くなります。焦らないことです。

私は約8ヶ月ほどかかりました。でもはうつになったことで、患者さんやご家族の心に少しでも寄り添うことができるようになりました。その後、別な急性期の病院に復帰し元気に働いていますよ。

何をしても批判する人はいます。でも、知ってください。

その批判している人は、無責任は言葉を発しているということをです。

お話を読んだ私が辛く感じるくらいですから、トピ主さんは本当に苦しい状況なんだろうなと思います。

よく頑張りましたね。

新人さんの成長は人それぞれのスピードがあります。

あなたの成長を上手くサポートできなかった先輩はもう少し新人教育を勉強する必要があると思いますし、後輩だから新人だからといってなんでも失礼な発言や尊厳を傷つけるような言葉を使っていいわけではないはずです。

新人さんは近い未来の強力な自分達の頼もしいスタッフなんですから。

休職されるのはとても大切なことだと思います。

何をすればいいか。

「何をするべきか」「何をしなくちゃいけないか」という考えはせっかくの治療のための休職がもったいないです。

今の自分がしたいことをすればいいのではないでしょうか。

何もしたくなければしなくていいし、本が読みたければ読めばいいし、何をしてもしなくてもいいんです。

心と身体が回復してくれば何かしらしたくなると思います。

復職とか復職の為の勉強とかは今は考えなくていいんじゃないでしょうかね。

しむさん、大変ですね。

私の同期にも、先輩からきつい当たり方をされている人がいました。

同期として、なんて声をかけていいのか分からなく。ただただ、「頑張れ」としか、心の中で思うしかできませんでした。また、自分がその同期のように、先輩たちに目を付けられないようにと祈るばかりでした。

同期として、話を聴くなども何もできない自分が嫌になったこともあります。というのも、その同期と仲良くしているのを見られて、自分にまで「いじめ」のような指導が向けられるのではないかと恐れていました。

しむさんは、おそらく何もおかしなことはないと思います。報告・連絡・相談もしっかりとできていると思います。その同期も、注意されたことは、しっかりと改善し、他のスタッフ同じように、もしくはそれ以上に、任された看護業務をこなしており、むしろ、目をみはるものでした。しかし、なぜか夜勤勤務を許可されなく、日々の受け持ち患者も少なく、現在も厳しい指導が続いています。

私は、彼女が倒れてしまうのではないかと心配です。そんな彼女もですが、私自身も、人間関係の恐ろしさを常に感じてしまう職場から逃げ出してもいいのではないかなんて日々思いながら勤務しています。

トピ主のしむです。

多くのコメントありがとうございます。

一つ一つ貴重なご意見として読ませていただいています。本来ならお一人お一人に対してお返事するべきですが、画面が煩雑になってしまうことも考え、まとめての書き込みとなることをお許しください。

みなさま、一年目に限らず、看護の現場は本当に大変なのですね。みなさまの体験談やご意見に、あらゆる意味で「私だけではないのだ」ということに励まされました。

同時に、私自身の振る舞いに対してアドバイスをいただいたことにも感謝しています。時にそれは自分自身の図星を着かれる様な思いで、グサリとくることも大いにありましたが、落ち着いて飲み込んでいけるようにして行こうと思います。

特に「そんなこと知っている」というアピールの件に関して、それが一番の『図星』でした。

とにかく自分の不器用さ、人間関係作りの下手さを学生時代に貯えた『知識』でごり押ししようとした結果がこの事態を招いた一端だと思います。

むしろ、ノートに『勉強』をしさえすれば、褒められるものだと勘違いしてたんですよね。それが臨床に生かせなければ意味がないし、看護は一人でやっているというわけではないのに……。

とりあえず今は家事と今まで全く手が付けられなかった読書、手芸などをしています。自分が何事にも役立たずな人間ではないということを再確認して、少しずつでも自信をつけていければと思っています。

元の職場に戻れるかどうかは、家族や周囲の人間とも相談して、焦らず流れに任せて決めていこうと思っています。

もう子供ではないんですから、人からああ言われた、こうされた等でいちいちへこんでいたら仕事になりません。打たれ弱いとはあなたのような人のこと。

こんなところで質問しなくても、辞めたら楽になるんじゃない?

全く違うことしてみるのもいいのかも。スポーツしたり旅行したり。半分は気分転換だけど半分は客観的に物事見つめるいい機会かと。あなたにも欠点はあるでしょうが追い詰めてしまった指導者にも欠点があると思います。人はどうしても他と比べたがり、進むスピードも他と同じにしたがります。子供が生まれ育つスピードは個々違いおませな子幼い子早くから何でもできる子ゆっくりな子と様々です。ですが、そのスピードが違うからと責めたりはしないですよね。仕事も同じで人より時間がかかって成長する人もいます。少数派ではありますが…。だからといって人より劣るわけではなく、よく見てみるとその子にしかできないこと、人より優れてるところは必ずあります。一年かかって進むところを3年かかって進む。もちろん、周りのサポートはある程度は必要ですが、でも確実に進んでいれば良いと思います。大切なのは、看護師としてきちんと仕事をしようとする気持ちや姿勢です。それを忘れずにいればちゃんと前に進めます。私も新人の時は、まるでドラマのナースのように失敗ばかりで回りにも迷惑をかけました。その度にフォローする先輩方は苦労されたと思います。何度も向かないからやめようと思ったこともあります。そして他の仕事を試したこともあります。でも、最終的にはやっぱり看護師の仕事を選んで今に至ります。来年でこの世界に入り30年になります。働きながら成長したのだと思います。失敗もそのままにせず、糧にすれば良いのです。もちろんそのなかには必ず守るルールは存在します。命への尊厳です。向き合うのが命なので致命的な失敗だけはしてはいけません。結局そうなるためにあらかじめマニュアルを読んだり、先輩に聞いて予習したりイメージをもってから何でも挑む等の動きが必要になってきます。先輩方も失敗を重ねて今に至ります。みなおなじなんです。

学校を出て資格を取ったらゴールではないんですよね。看護師という壮大な山の入り口の門を通してもらっただけ。手ぶらです。必要なものを今から手にいれるんです。地図もなく軽装でルートもわかりません。みんなここからです。

今与えられた時間を大切にしてまた一歩あるきだしてください。私もまだまだ日々勉強です。医療でも社会でも。

とりあえずゆっくり休んでくださいね。

ストレス発散が大事です。

看護師人生はこれからです。

いくらでも挽回出来ます。

アクシデントを起こすより、まずは自分の体調を大事にして。

報告ですが緊急ではない時は、『後で報告があります』と声をかけてから、違う業務を行うのがいいのでは。

何も言わずに立っていると、相手には伝わりません。

どんな時でも声かけは大事です。

逆の立場になった時の事を考えて行動しましょう。

まずは好きな漫画でもDVDでも観て、ストレス解消しましょう。

こんにちは^_^ 良い上司に恵まれなかったのでしょうか?自分に合わない人だったのでしょうね、きっと。周りの人たちが助けの言葉をかけてくれれば、少しは救われたのかなぁ?ただイジメなくても、一緒にいるのに何もしてくれない人たちも同類だと思います。その指導者は、自分に余裕が無くて、ストレスを部下に発散している気もするので、指導者としての適正がありません。そして、周りの人たちは、面倒だと思っている新人指導を押しつけているか、良く考えれば口出しできない環境なのかなぁ?師長が、まとめられない、もしくは気づいてあげられないのも問題です。 あなたを否定してばかりで、認めたり褒めてくれないのは辛かったでしょうね。 大丈夫です。その部署を異動してみてください。私も、一年目は悔しくて悔しくて、泣いてばかりいました。でも、私は、死にたいなんて言わなかったよ。親は、あなたを大切に思っているから、あなたより苦しいかもしれません。私は、異動したら、すっごく楽しかったです!同じ病院なのにこんなに違うんだって、びっくりしました。前の部署の人が、一人で大きくなったと思うなよって言いに来て、新しい部署の上司に叱られました。その内、仕事ができるようになったら、何事も無かったように近づいてきました。嫌いだけど、喧嘩してできる仕事じゃないから、忘れたふりをして付き合ってきました。でも、仕返しをすれば、自分もその人と同じ人間になってしまう…そうして、乗越えてきましたよ。年をとっても、自分に合わない人はいます。でも、それはこの仕事だけじゃない。お金をもらうってことは、そういうことなのかな。今は、自分の子供も誰かのお世話なっていると思いながら、子供と同じような年の後輩を指導しています。 あなたの指導者は、ある意味バカです。若い子が育てば、たくさん助けてくれるし、はるかに心強い存在になるのに。きっと、自分も褒めてもらえなかったのかな?可哀想な人なのかもしれないよ。 資格があるんだから、いつでも辞める覚悟で、休んだらもう一度続けてごらん! 逃げるが勝ちっていうこともあるから、ダメならいいんだよ。大人なんだから、最後は自分で決めなさいね! 休んでる時は、好きなことしてればいいよ。みんなが何言っているかなんて、気にしなくていい。どうせ、いない人の悪口言ってるんだから。全員と仲良くするなんて、無理だよ。大切な人は、少なくてもいればいい。休んでいることは悪くない。時間が解決してくれると思います。優しい人がいたら、直接返せなくても、いつか誰かに返せばいい。焦らずに。笑顔でいられますように(^_-) 自分に自信を持って‼︎ 応援しています。

はじめまして。

私も現在休職療養中の2年目看護師です。

休職してから、11月で半年になります。

当初は体調の不良、特にめまいや立ちくらみ、眼球の震転により耳鼻科受診の結果、心療内科を紹介され、鬱病と診断されました。

すぐに療養するよう指示されましたが、ここまで来て脱落が悔しく、同期からの遅れ、先輩からどう言われてしまうのかなど考え、上司にだけ相談し、通院しながら1ヶ月間は仕事を続けました。

しかし、病状も悪化する一方、薬の副作用も辛く、

自分がミスをすること=害を受けるのは患者さんである、ということを再度よく考え、療養を決めました。

療養開始直前時は、少しでも知識を…と沢山の資料、技術本を用意しましたが、

実際 休養し始めると、なにもかもやる気がなくなり、生理的欲求もなくなり、なんとか通院はしましたが、それ以外寝たきり人形のような生活になりました。

1ヶ月はそうだったと思います。

それから少しずつ、人間らしい?欲求も戻ってきて、散歩をしたり、テレビを見たり出来るようになりました。

体の調子が良かった とある日、

療養開始時 用意しておいた机にドッサリ乗った資料の山を、目に見えない場所に全て片付けました!!

医療ドラマも見るのは控え、医療シーンは自分の関連ある部署の予感がしたときには、消しました。

今は…

ようやく医療ドラマも見れるようになりました。少しずつ、仕事内容を思い出したり、復帰に向けて考えたりし始めています。

体も良くなり、やりたい事ができる日は

やりたい事をして過ごしています。

ショッピングに出掛けたり、映画を見たり、旧友と会ったり、

今を 充実させて 生きています。

それが、私の療養であり、復帰に向けて必要な時間だと思っています。

(当初は好きな事をしたり、なにもしていない時間が許せませんでした。そんな自分はしねばいいのにと思っている時期も暫くありました)

罪悪感を感じたり、好きなことを過ごしていいのかと思ってしまうこともあると思います。が、

今は、 それで良いと 私は思います。

むしろ、今 頂いている休養の時間を有意義に過ごし、

しっかりと治して、

復帰出来れば、

それで良いと思います。

長くなってしまいましたが、

私は あなたが治ること、治すことが今は一番大切だと思います。だから、無理なさらず、あせらずにゆっくりして 有意義に過ごしてほしいと思います(*^_^*)