ラウンジ
生活保護について

2014年12月08日129コメント21,148アクセス

悩んで困っています。

今年から、今の職場に非常勤で勤務しています。その前に数年うつ病で休職していました。そして、シングルマザーです。生活保護を受けています。生活保護のことは、職場には話していませんがじきにわかることで、まわりの人はわかっていると思います。

皆さんは生活保護をどんなふうに思いますか?

職場で生活保護の人が働いていることをどう思いますか?

私は生活保護と今の職場のおかげで生活させていただいているのですが、自分がこのようになるとは思いませんでした。

とてもこわいのですが、相談させてもらいました。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/129

生活保護を受けているからといって別に働きにくいだとか、一緒に働きたくないって思うことは絶対にありませんね。誰にだって生活があります。その点は気にしなくていいと思います。

非常勤は生活保護を受けなければならないほど給料が低いのかが疑問です。PMさんは認定・専門看護師も持っておられるではありませんか!プロフィール見ると。非常勤でなくても正社員として雇ってくれる病院はたくさんあると思いますよ。どこの病院もいい意味で並外れた知識ある人を欲しいのが本音ですよね。

役所の福祉科へ行きましょう。あらかじめ聞きたいことを整理してメモしましょう。

生活保護自体は憲法上認められていますが、非常勤だと、そんなに給料安いのですか???

生活保護の人と働いても、ちゃんとしてくれれば問題なし。

うちの病院に入院してくる極端なかたをあげると、元ホステスさんやシングルマザーは、高級品を身につけて受診。。それも売ったら良いのに。。とひがむ私。

保護費のほとんどはギャンブル。だから、長期入院なんてできない。まともな食事もしていない。だから、持病が悪化するだけ。自業自得だが、長生きさせること自体理解に苦しむ。

自家用車には乗れないはずだが、他人名義で乗り回している。自動車税払えるんだ。。でも、生活切り詰めているんだろうけれど。

収入に見合った生活、基本稼ぎも含めて自立を目指す為の生活保護なら構わないと思う。労働するにはあまりにも高齢者になったかたにも保護は必要かと思う。

ところで、職場のかたに知られていないようですが、保険の関係とか年末調整なんかで、あなたが生活保護受給者ってこと知ることになると思うのですが。

ところで、なんとも言えぬバトルが。どうして、彼女は自分に喰いかかってきたら打ち負かすまでコメントするんでしょうか。負かすだけのナイスなコメできないのに。😏

あなたの意見に今回も共感はできませんね。

No.140

>137 未みっちゃんさんへの返信

それだけの理由であるなら、明らかに解雇権の濫用ですね。

損害賠償も取れる可能性があります。

トピ主さんはかなり昔から音沙汰ありませんので、もう見ていないかも知れませんね。どうなったんでしょうかね・・・

以前、投稿しましたが、再投稿します。

トピさんは、あれからどうなっていますか?頑張っているんでしょうか?

勤務先にも、生保受給のナースがきましたが、どこからか受給のことがバレてしまい、解雇になった方がいました。患者で受診、入院するには、構わない。お金になる。スタッフにいると、変な評判がたち、患者が来なくなるから、解雇だとの理由。

別に悪いことしてないのにと、思いますが。

まだまだ偏見があるんだな。と、思いました。

No.138

>135 ぽんさんへの返信

随分穿った見方ですね。

25条【生存権、国の社会的使命】

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

努力目標ではなく努めなくてはならないですよね。他の方もそうでしたが、肝心な部分を書き換えると、微妙なニュアンスが変わってしまい、いろいろな方をミスリードする危険性があります。

憲法は目標を示しているのではありませんし、具体的な対策等も入りません。

憲法を国民のために活かすために法律があるんですよね。

その位の事はご存知と思いますが・・・

>生存権が努力目標で権利として認められていないから生活保護の申請をお役所は拒否したり、打ち切ったりをそれぞれの裁量でしてしまうんですよ

その根拠は何ですか?

生活保護の申請や打ち切りは、状況により当然必要な事であり、それをやらなければ今までに出て来ている、「裕福な生活保護者」が蔓延するでしょう。

例えば「努めなくてはならない」を「義務とする」にしたらどうなるでしょう?(国に対する憲法表現としては殆どありえない事ですが)

良く考えてみてください。

それから、憲法と法律の違いも調べてみてくださいね。

>134 しゃりんさんへの返信

生活保護法だから何ですか?

生存権が努力目標で権利として認められていないから生活保護の申請をお役所は拒否したり、打ち切ったりをそれぞれの裁量でしてしまうんですよ。

No.136

>133 ぽんさんへの返信

生活保護法です。

第一条  この法律は、日本国憲法第二十五条 に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。

それから「保証」ではなく「保障」ですよね。

>132 RX-93さんへの返信

朝日訴訟というものがありまして、生存権は国の努力目標でしかなく、個々の国民に生存権を保証したものではありませんよ。

憲法第25条 1項、すべて、国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。  生活に困窮した人は国の保護の下にある事が保障されているのです。不安感を抱えて生活してゆく必要は全くありません。生活保護について、偏見があるのは一分に不正受給者がおり、必要以上の華美な生活を送っている人がいる事。生活保護者を食い物にする暴力団の存在、などがあるからでしょう。支給の判断基準や支給額は地方自治体によってかなりの差があります。       おにぎり食べたい、と書き残し餓死してしまう老人もいれば、中学生、高校生の子供のおやつ代まで認めてしまうケースもあるのです。主さんが支給が認められるまでの収入がいくらだったのかは分りませんが、謹みながらの生活を送るのであれば何ら気に留められることはないと思います。