ラウンジ
採血が怖くなりました。

2015年06月11日11コメント33,511アクセス

初めまして。

私は、出産後、臨床では長いブランクを経て、クリニックに勤務する看護師です。

先日、真空管での採血時、スピッツを差し替え暫くしてから、患者さんが「血管が貫通した、痛い」と言われ、びっくりして針を抜きました。

その時には血液が引けなくなっていました。

その後気分が悪い、腕が痛くてだるいと訴えられ、ベッドに横になって頂きました。

10分くらいして、大丈夫と起きられましたが腕の痛みが心配です。

神経に当たってしまったのか、どういう対応をしたらよかったのか、不安です。

初めての事で動揺してます。

お尋ねしたくて、投稿させて頂きました。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/11

神経にあたって損傷させた感じですか?貫通して出血して血腫ができて圧迫したのだったら、損傷のリスクはかなり低いですよね。採取しているときの針の固定はどうだったんですか?もし固定があまくて動いているんだったら神経にヒットしていると考えておいた方がいいと思います。

私も採血でどうしても血管がなく高リスクの部位に刺したとき、採取はできたんですが抜針後にぷっくりと内出血させてしまって、血腫によるものか、患者さんが「指が動かしにくい」と訴えたことがありました。すぐドクターコールして診察してもらい問題なく、指の動かしにくさは心因性かもしれないという見解だったので問題なかったのですが、その患者さんからは退院するまでずっと苦言を言われ続けました。退院時にも謝りに行ったのですがその時は「ここの○○っていう看護師(他の看護師)はミスしたあと謝らずに私を避けるだけだった。頭にきたからこのあと病院本部へ訴えようと思う。でもあなたはひどいことをしてくれたけど、すぐ説明をしたし謝ってきたからまともな方よ。後遺症が出なかったから今回はお咎めなしにしてやるわ」と言われ、背筋が凍りました。神経を治すことは私たちは直接できないので、やはり、その時の対応と誠意を見せることが重要だと思います。💦

主人も採血により神経に当たり今でも治療中です。腕を使わなければ良いのでしょうが、家業が農業にて重いものを持たなければなりません。トラブル後、病院側の対応はすばやかったです。その後、主人が採血しに行った時、採血した看護師から睨まれたと主人から聞きました。かなり怒っていましたが、病院の対応がよかったのでややこしくならなくて良かったと思いました。。私もりんさんのように、いつ遭遇するかわかりません。しかし、被害に会った本人も苦しんでいます。迅速な対応は大切です。

神経に当たっていたら、当たった瞬間じっとしていられません。採血する看護師の態度を見て大げさに騒ぐ人がいます。どんなときも、不安でいる患者さんに不安な対応は、禁物です。落ち着いて患者さんとコミュニケーションを取りつつ、処置頑張って下さい。😊

痛みを感じたのは、患者様の訴えなので、それはそれで受け止めてあげれば良いと思います。

ただ、トラブルが起きたのなら医師の診察もしくは報告は必要だと思います。

それは、クリニックであろうと病院でと同じですよね。

医師の診察があれば、患者様も医師の診察をしてもらえたという安心感にもつながり、不安の軽減にも通じたと考えます。

次回から実施に移して下さいね。

>5 りんさんへの返信

レス 有り難う御座います。

少しきつすぎたかな?と気になりましたが私自身いつも危険と隣り合わせの仕事をしていると意識しながら 緊張感を持って仕事をしています。

先日、一年後のGF検査に来た方が 前回のブスコパンの後がまだ痺れている、と訴えられ医師がえっ一年前のが、と答えたことで 私がオーバーに言ってると思っているのか と憤慨され 危うくトラブルに発展するところでした。

しかし、しっかり訴えを聞き神経内科の紹介状を渡して 信頼関係は保てました。

結果、2cm四方の神経鈍間が残存していると言うことでした。

やっぱり自分が病気になったときにも 決めつけないで丁寧に話を聞いてほしいと思うので 自分もそのように(自分がして欲しいように)関わりたいと思います。

でも、防げない、起きるときは起きる、と開き直っている面もありますよ。

その後 やれることを心を込めてやればいいのではないでしょうか。

 

No.7

>1 かずさんへの返信

ほんとにそうですね…。

また受診されたときに状況を確認したいと思います。

今回このようなことから、ますます患者さんへの声かけや、手技を見直し、細心の注意を払って、業務に携わりたいと思います。

コメント有難うございました。

No.6

>2 名前なんてないさジェニ-さんへの返信

初めての事だったのでとても動揺してしまいました。

腕が筋肉注射をされた後のようにだるくて重い、との訴えでした。

気をつけていきたいです。

コメント本当に有難うございました。

No.5

>4 KEIKOさんへの返信

こんにちは。

後から、医師にすぐ診察してもらえばよかった、と思いました。

患者さんには、痛みが続くようならまた来て下さいと言いました。

検査の結果を聞きに来られると思いますのでまたお会いして確認したいと思っています…。

怖いとは言っても仕事ですし、毎日毎日採血や点滴をしなければならず

そうは言ってられない現状です。

アドバイス有難うございました。

採血時のトラブル 一時的なものかもしれないし後遺症を残すようなものかも知れないし、その時点で しっかり対処しておかないとあらぬ言いがかりになったりします。

迷走神経反射と言っても 後遺症を残す場合もあります。

直ぐに抜針したことは正解だと思います。

真空だと引く力に血液の供給が追いつかず、血管がぺたんこになって引けてこない、スピッツの差し替えで針先が動いて外れた、など考えられますが、痛みを訴えたことからトラブルが発生したことは想像できます。

何の仕事も同じと思いますが、危険はつきもの、むやみに怖がる必要はないと思いますけど、腕を磨いて技術を高め 危険を回避する努力は必要と思います。

それと トラブルが発生したとき対処を誤らない。

今回の場合、医師に報告、診察してもらい必要なら神経内科などでしっかり検査をしていただく、初期対応がとても大事です。

気が弱いから、精神的なもの、だからと自分の中で済まさないことがとても大事、

気分が悪くなったので横になって休んでもらい回復した、のと違って痛みを訴えたことから 後々何か言われてきてもこちらの対処に問題があった、となることもあります。

オーバーな位 しっかり対処したほうが間違いないと思います。

採血業務が恐くなったりしますが 起こるときは起こる、その時しっかり向き合って対処すれば恐れることはありません。

No.2

採血、血液苦手な患者さんいます。 叔母もたかだか採血で大騒ぎします。若い男の子で採血中に倒れた人もいたそうです。たまたまそういう患者さんにあたっただけだと自信持ってこれからも臨んでほしいです。神経に刺さったら痺れで飛び上がりますよ。貫通したとかキーパな患者さんでしたね。