ラウンジ
CVとPICCのロック方法

2015年07月24日4コメント5,646アクセス

今の病院でCVのロック時にヘパリン10単位5mlシリンジを使用してます。

個人的に他の病院での経験からヘパリン10単位は末梢のロック(それか生食)、CVのロックはヘパリン100単位10mlを使用していたので疑問に思ってます。

生食ロックが推奨されてますし、

個人的にCVはヘパリン100単位10mlか生食10ml,

末梢は生食5ml

PICCはメーカー推奨の生食10mlロックと認識してますが皆さんはどうですか?

今の病院薬剤師に聞いてもCVのヘパリン10単位は効果なさそうに思うと言われました。

実際今の病院でCVロック後に閉塞してる事が多々あります。(それが原因とはわかりませんが)

PICCもいつも5mlロックしてるし。

先輩看護師に聞いてみてもえっ?って顔され、ふーんでいつも終わってしまい、正しい知識確認したいです。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

4件/4

陽圧ロックができてないだけだと思う。

正しいやり方であれば生食でも閉塞しないから、

陽圧ロックが出来ていないのではないかと。

閉塞してしまうのはやり方の問題なのでは?

ヘパリンでも生食でも陽圧をかけながらロックしないと閉塞するでしょう。

CVにしろPICCにしろロックしている時間にもよると思うのですが、私の勤める病院では10単位5mlを使用してます。特に閉塞はしてません。ヘパリンの量が多いから良いというわけでもないと思うし、閉塞が多いのなら原因を追求したほうが良いのではないでしょうか。閉塞する分、患者さんの負担にもなりますからね。