ラウンジ
筋肉注射の後、揉みますか?

2015年08月02日33コメント47,135アクセス

最近、転職しました。

看護師経験は10年以上あります。

先日、転職先で筋肉注射をしました。

それを見ていたコメディカル(注射をしてはいけないとある職種)に、

「なにしてるの?ちゃんと揉んで!」

と怒鳴られました。

聞き間違いかとも思い、

「揉むんですか?」

と言うと、再度「揉んで」と言われました。その後、私は、軽く揉みました。

その時は、その薬剤が揉まなければならないものか勉強不足だったので、言い返しませんでした。

その後、指導看護師(?)に、揉んでと言われたこと、その時は私の勉強不足で薬剤の特性を把握していなかったので結果的に揉んだことを報告しました。

すると指導看護師は「今は揉まないの!?」「私も古い知識しかなくて…」と言いました。

私こそ、看護学校を卒業したのは10年以上前です。もちろん。「揉む」と習いました。

しかし、「今は揉まない」「アタラックスPは特に揉んではいけない」この2つは知っています。

私は、今回筋肉注射した薬は揉むべき薬剤だったかが知りたかったのですが。

それに、「揉んではいけない薬はあるが、揉まなければならない薬はない」と思っていたので、今回のことは考えさせられました。

その後調べましたが、揉まなければならない薬も極わずかですが、あるようですね。今回使用した薬剤はその中にはありませんでしたが。

看護師歴が長い方に質問です。

筋肉注射の後、揉んでいますか?

また、私は次回からどうしたらよいのでしょうか。郷に入れば…で、揉むべきか、エビデンスに従って、揉まないか。

私は揉みたくありません。

しかし、いろいろな意見をお伺いしたいです。

文章が読みづらいとは思いますが、よろしくお汲み取りください。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/33

トピ主さんと全く同じ事が私の職場でもありました。あれ?うちの部署のことかな…と思うくらい同じでびっくりでした。皆で色々調べた結果、やはり薬剤によって異なるので、実施前にきちんと調べる事として統一になりました。特にナーシングスキルに詳細が載っていました。根拠ある看護技術を提供したいですょね😊

2年位前になります。大腸内視鏡検査の前にブスコパンの筋注の支持がありますが、たまに利きが悪いと怒る医師がいました。個人差、打ち方(あさい?)、もみ方なのか、わからなくて製薬会社に連絡しました。

そこで、もまなくても大丈夫と言われました粘稠性じゃないからと。

スタッフにも伝えましたが、長年やっていることで変わらなかったですね。

薬剤によってもむ必要があるのかないのか知らないといけないですね。😃

もんでるようで揉まない。

これが真髄です。

最後の方で『私は揉みたくありません』との文面がありますが、

「揉みたい」とか「揉みたくない」の問題ではありませんよね💦

僕は看護師24年目に入ります、昔は揉む、今は揉まない、それでいいと思います。ちなみに『今はこうする看護技術』?だったと思いますが、この本を見ながら時代錯誤にならないようにしてます。

漫画で描いてあるので読みやすくワザと病棟で読んだりしてます。

すると、僕よりベテランの方なども、何それ?って聞いて来るので、ここぞとばかりに、最近は注射して揉まないのが常識みたいですねぇ〜って知らなかった風に言ってます。もちろん他の情報もですがね

No.31

筋肉注射をする薬剤によって、揉むものと揉まないものがあります。薬剤の成分、浸透圧、粘稠度、pHの違いによるものでしょうか。かつて(以前)は揉んでいたものが、臨床試験や実際の投与により「揉まないほうがよい」になった薬剤もあるでしょう。エビデンスは恒久的に普遍なものものではありません。揉むことによる利益と不利益、揉まないことによる利益と不利益を天秤にかけているだけに過ぎません。薬剤の添付文書(もちろん最新のもの)を読みましょう。注射後の部位の異常がないかどうかは観察するのは当然のことですよね。いま、揉まないのが当たり前とタカをくくっていると、将来、指導的立場になったときに新人に笑われる「かも」しれませんね。

古いトピですが、気になったので再度コメントします。

<揉むべきか、エビデンスに従って、揉まないか。

エビデンスが優先でしょう。

エビデンス無視して、周りがしているからという理由て揉んでトラブルご起きたら、裁判などでは負けますよね。

<看護師歴が長い方に質問です。

看護師歴が長い人に『揉め』と言われて、『昔の知識しかないから』ということを言われたのですよね?ならぱ、看護師歴の長い人に限定するのは、昔の知識や昔からのやり方を聞くことになりやしないかと懸念もあるのではないでしょうか。

看護師歴が長ければ正しいとは言い難いですよ。

看護師歴22年です。筋肉注射は、そもそも薬剤が油性のものです。注射後に揉むことは、薬剤を筋肉から浸透させるも目的と、注射後の周辺の皮膚が固くならないようにと教えてもらいました。

なんで2年も前のトピックが再燃?

ナース専科のメールにも“注目のトピック”とあり。

わたし、定期的に筋肉注射を受けていますが

あまりに痛いので揉んでくれーって思います。

(揉んでも問題のない薬剤です)

注入する薬剤の量が多いから、痛いんだよねーと

注射をする看護師もよく揉んでくれてます。

よく揉んでもらった方が、痛みが軽く感じられます。

(他の場所の痛みが強くて、注射の痛みを感じないということもありますけど。)

揉んではいけない薬でなければ

揉んでもらった方が楽な場合もありますよ、という

いち患者の意見です。