ラウンジ

ALSの患者さん。

2015年09月04日12コメント3,946アクセス

私は、脳神経センターで働いています。

先日ALSの患者さんが入院されました。

身体的な症状を少しでも抑えようと点滴加療のため入院したのですが、呼吸筋の症状が強く、医師より延命処置に関してのICがあり、心マは施行、昇圧剤・人工呼吸は装着しない方針になりました。

しかし、入院3日後呼吸状態の悪化(呼吸性アシドーシス)。

しかし、人工呼吸器は装着しない方針のため、人工呼吸器は装着出来ません。

今は、苦痛緩和のためにモルヒネを投与しています。

しかし、苦しさは変わらないと患者さんは言います。

呼吸苦は、直接生命の危機を感じるから一番患者さんは不安に感じると聞いたことがあります。

私は、鎮静剤を使用して穏やかにしてあげたいと思いますが、医師に提案しても「うーん、鎮静剤を使うと一気に状態が悪くなるから」と、聞き入ってもらえません。

でも、人工呼吸器を装着出来ないのであれば、ALSの予後はかなり短くなります。であれば、穏やかに看取ってあげた方が良い気がするのですが、、、。

患者さんからは、眠らせてくれとかそういうことは言ってきません。

呼吸苦と必死に戦っています。

医師の方から鎮静剤について提案してくれれば、状況は変わると思うんです。

皆さんの病院では、ALSで人工呼吸器の装着しない患者さんにどのように対応しているか、教えて頂けたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

このトピックには

12のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます