ラウンジ
ナース24時実はスゴい! 日本の看護師SP

2015年10月17日60コメント18,219アクセス

海外のプロが来日して密着視察みてます。院内設備も整ってますが、清拭方法も学生時代に戻ったかのように、湯温を測り、タオルをクロスにして。きめ細かな対応。私もピッチャーとバケツだったけど。テレビに出てるナースは、ディスポエプロンして、バスタオルかけながら、技術試験思い出したぐらい。

もちろん、点滴もバーコード、氏名確認も。安全管理は、確かに同じ。

本当に毎日やってるのか?テレビ用だとしたら、明日から大変ですものね。

海外視察団や、視聴者がみて、これ当たり前だと思ったら、結構困る病院や、ナース多いと思いませんかね。

大学病院は、環境整っていて、看護も全て毎日技術試験受けているようにやってるのですかね。

密着取材だから、大変だったと思いますが、声かけや、対応も完璧。

番組みているかた、みたかた、違和感みたいなもの感じませんでしたか?

私は、自分のこと、本当に看護師だろうかと、雲泥の差で、なんとも言えない気持ちになりました。環境にもよりますね。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/60

スリッパをそろえる等のサービスは素晴らしい。

でもよくよく考えれば、この作業は看護師でなくてもできる仕事なんですよね。

ただでさえ何時間もサービス残業している看護師が多いのに。

スリッパって、残業してでもそろえなくてはならないほど大事でしょうか。

スリッパをそろえる時間を作る努力はもちろん大事だけど、

限られた時間で仕事を終わらせるためにある程度割り切って、

優先順位の低いものから削って、

命に関わる事・看護師にしかできない事を優先するのも仕事のうちだと思います。

そりゃサービスを削るのは忍びないです。

その結果サービスの質が落ちて患者のクレームにつながる事もあると思います。

それはマネージメントがどうにかしなきゃならない問題で

看護師の問題じゃない。

問題をすり替え責任を押し付けるのは筋違いだと思う。

そうしないと激務や理不尽な残業はかわらない気がする。

この考え方、批判もあるだろうけど、

そう思っている人もたくさんいると思うんだけどな。

順天堂に勤めていましたが、病棟でのやり方はテレビのままでしたよ。清拭は1人で入っていましたが、タオルの使い方など基本の流れはテレビの通りです。

点滴の確認もすごくうるさく言われていました。

順天堂に期待しているからなのか、些細なことでも患者さんからのクレームがきて、接遇にとても厳しい病院でした。

人間関係がひどくて残業も多くて疲れて辞めました。

No.59

いろいろコメントが書いてありますが、私はその番組を見て素直にすごいなと思いました。スリッパを揃えるところも「なるほど、そうだよね・・・」と。

それともう1つ、私大系病院は暇ではないですよ。私は公立病院勤務ですが、研修で私大病院に実習など行ったことがあるので、現場見ました。

お忙しい様子でした。

そして、接遇などとても教育が行き届いていると感心しました。

東京には私大系病院がたくさんあり、VIP患者の入院も多いと聞きます。

それ故に、あながち、あのTVも普段からそうなのかもと思ってしまいました。

もちろん、スタッフさんの中から人選されたと思います。

テレビが入るんですもん、緊張してできないような人や態度が悪そうな人にはさせないと思うし。

なので、100%ではないと思います。

でも、自分を振り返るきっかけになりました。私もちゃんとしようと・・・。

もちろん、環境が整っていそうなので羨ましい気持ちもありましたよ。

見ました!お手本みたいな清拭と声掛け、毎日あんなに穏やかに仕事できたらいいなぁって思いました^_^🌼

今、録画していたのを観ています。

クリニックの看護師さん、めっちゃ緊張していましたね😿

採血のとき、何度も何度も血管を指で触ってるし💦

失敗したらどうしようって気持ちが伝わってきました。お疲れ様って言いたいです💮

>51 匿名さんへの返信

だから、それはおたくの慣習でしょう?お言葉ですが、転倒のリスクあるひとの履物をそろえるのは当たり前ですけど?(笑)

わざわざ転ぶリスクの少ない人までごそごそと夜中に靴並べたりっていうのが私には余裕がないとと言っただけで。

基本が出来てない人と言われたようでとても不快です。

>53 まるまるさんへの返信

私も夜勤で履物をそろえることを批判したいわけでも、不必要と言いたいわけでもなく、あなたと同様に感じただけで、私には余裕がなく出来ないなと感じたのでそうかいたのですが、ものすごい批判をくらいました。なぜここの住人はこんなにも口が悪いのでしょうか(笑)

スリッパは揃えるだろ……。患者が寝ぼけて転んだりしたらどうすんの?

清拭は震災の時に水使い過ぎと行政からクレームきてホットタオルに変わった。

>50 pipeさんへの返信

長文です。

暇だとは、私も思いません。たまたま4人夜勤で、受け持ち14人で、患者さんのスリッパを揃えている看護師の姿をみて、余裕があるように見えてしまったのかもしれません。又、重症看護、認知の方の対応、事務作業は、映されなかったことも要因かと思います。

後は、素直に教育が行きとどいていると感じました。ハード面はさることながら、技術はコミュニケーション含め基本忠実に取り組んでいるのだと感じました。

学生時代、清拭演習で厳しく指導受けましたが、実際自分が実習、就職した病院は、ホットタオル使用でした。なぜだろうかと最初は感じていました。が、日々の業務に追われそのような感覚は麻痺してしまい、目の前の忙しさと、その病院の業務に慣れてしまいました。当然物品もそれに合わせての物でした。コスト面で考えるとホットタオルの方が時間早いのは確かかと思います。

先日の清拭、スリッパを揃える、点滴チェックは、順天堂全体で取り組み、常日頃から、かかる時間を業務に組み込み徹底しているのでしょう。

例えば夜勤時、スリッパを揃えるという教育は、私の場合個人レベルで、組織として、教育は受けなかったです。それぞれ個人で揃えてました。

あの看護映像は、患者さんの安全、安楽を優先し、視聴者も、こんな病院に入院したいと多くの方が感じたのではないでしょうか。

しかし、現状は他の方法で実施している病院もあれば、やってない病院もある、清拭なら物品をいちから揃え、業務改善しなければすぐには取り組めない病院もあるでしょう。

順天堂が、暇だからという考えではなく、あの清拭が本当にいいのか?ということも含めて私は考える良い機会となりました。

業務の一環に取り入れている、スリッパを揃える映像は、品格があるといいますか、スリッパの為履き物として、安全だと私は捉えませんでした。が、サービスの向上を図るという視点では、目からウロコでした。

清拭は、患者さんの満足を得られるでしょう。

点滴確認は、PCに反映され、一目で、見やすく、安全、情報管理、個人情報の点からみました。

人員と時間、ハード面がやはり気になりましたね。

看護師としてのプライド?の問題ですかね?

プライドを持っているからの行動?

とは、私は結びつかないです。行動してない人が、プライドがないと一概には言えないと思いますし、私はその病院、組織の違いが大きく左右すると思います。

今後、夜勤時、患者さんの履き物を必ず揃える!という教育項目が増えそうですね。

>50 pipeさんへの返信

フォローというのでしょうか、ありがとうござます。

わたしも順天堂とは関係ありませんが、私大の三次の大学病院で7対1でした。ぜんっぜん暇じゃないです。マンパワーを充実させているということは、それだけケアも必要としている患者さんが多いということ。

だからといって、例えば、療養型だから落ち着いていて暇でしょとももちろんいいません。担当患者数が多くて少ない看護師と助手さんでやる業務が多くて大変でしょう。

でも、7対1でも、規定の巡視時間の間に点滴交換して、滴下確認しに行って、ドレン類を観察して、必要なら臨検して、ナースコール対応して、頻回に観る患者さんがの部屋を見に行って吸引して…なんてやってたら、朝が来て採血して経管栄養開始して、となり、受け持ち人数少ないからねとのんびり座って記録を書く暇なんてありませんでした。

基本的には資金難ではないとか、DPCで処置物品を使用するのにさほどシビアではないとか、特定機能病院は優遇措置があるとか、そういう面で恵まれているところは否定しませんが、決して暇ではありませんよー😵