ラウンジ
要領のいい人

2015年10月27日50コメント10,416アクセス

タイトル通りです。結局は、患者や上司の前で要領よくできるひとが生き残っていくんですよね?

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/50

ips細胞でノーベル賞受賞の山中教授、要領悪すぎて職場の同僚から "じゃまなか" と呼ばれてたらしいですが。。。

世の中わからないものです。

要領が良くて仕事がてきぱきしてる人に悩みがないわけもなく、何にでも一生懸命取り組む脳を持って生まれ、てきぱきとしかできなくて本人は人知れず疲れてるかもしれません。

要領悪くて仕事に時間がかかる人が常に損してるということもないと思います。

時間をかけている時も、脳のシナプスは動いてくれていて、次の閃きにつながっていく準備中かもしれないです。

他人と比較せず、比較するなら過去の自分と

と聞いたりもします。

主さん自身の素晴らしさを大切にしながら、"今"を過ごして欲しいです。

見ている人は見ています。

私の働いている病院は規模としては中の下レベルなのと病院が掲げている提供する看護というものがハードワーク(独力で動く患者の歩行能力がどんなに危なくても抑制しない、過度に眠剤をもらないので数時間徘徊に付き合うなど)なものなのでそういった人は続かないか、連携ができなくてその人との勤務は辛いと上司に訴えられて行動修正できないと移動させられるかで自分にとって容量の良い仕事をしている人は続きません。

患者にとって本当にプラスになる仕事を自分たちが提供できれば何かが変わっていくと思います。。。仕事量が増えて辛いですよね。

No.50

>41 紫陽花さんへの返信

主さまの職場での『要領がいい人』は ただの『手抜きをして楽をしたがる人』だと思います。

要領がいい というのとは違うような気がします。

でも、そんな人は どこにもいるわけですよね。職場にも近所にも学校にもママ友にも…。

よく見てください。その人は慕ってくれる人たちに囲まれて幸せそうですか?立派な反面教師になってくれていると思いますよ。

あと 気になってしまったので 少々厳しいことを…。

その反面教師を気にするあまり『いい人』から『都合のいい人』になってきていませんか?

私も どちらかと言えば要領が悪い方です。

自分の仕事だけでなく 大変そうなスタッフの手伝いまでしてしまい 帰宅は20~21時。

こんな生活が続きましたから夫との関係はギクシャク…。そこで『仕事や看護師は私以外にもやる人がいるけど、この家の嫁は私しかいない』と考え直し、仕事のやり方を見直しました。

すると 出る 出る 無駄な仕事…。

結局 『都合のいい人』になっていて スタッフにも『きっと大変だったり困っていたりしたら助けてくれるはず』って思われていたのでしょうね。

そこで 目標を『19時までに帰宅して 夕飯を作る。』に変更しました。自分の仕事以外は余裕がある時だけ 自分の家庭を犠牲にしてまで職場に残らないようにしてから、家庭内も元に戻りました。必要以上の仕事を断る時には相手を不快にさせない言い方や態度を心掛けましたので、職場での人間関係も良い状態で維持できました。

本来の『要領がいい人』というのは仕事も家庭もプライベートもバランスよくまわしていける人だと思います。

看護師の自分も 家庭での自分も プライベートの自分も『自分という一人の存在』でしかありません。どれかに重きをおきすぎて後悔なさりませんように…。(経験者談)

長文 失礼いたしました。

そんなことはないよ、どこに目を向けてますか。

要領よく生きれているひとはおりますが、それなりに苦労もしてるとおもうのですね。そういう生き方をしたいと思いますか?最後に痛感するのは、後ろを見たら誰もいないことが一番辛い。その時は良くても、あの人はそういう人だからと、影口ばかりが聞こえてきます。何も幸せな事ではないと思います

裏がある人ってことですよね。

自分のプラスになるかどうかによって態度を変える、皆でやり遂げた事を自分がやりました!とあからさまにアピールしてるのが見える人。

病棟不在(副に任せる)にして部長室に入り浸り、ゴマすりに勤しみ、今は看護部長に登りつめた…という方います。

ただ、上にはウケがよかったのでしょうが、トップになると周りは部下しかいません。…なので言ってることは素晴らしいですが、行動が伴わない、自分の自慢ばかりでコーチングができないままのトップマネジメントになってます。

思い切ってご意見した師長は、転勤異動になりました…泣いておられたようです。

行きつく先は、ポジションパワーだけで、パーソナルパワーがないという、さみしい人になると思うので、人間性を磨いて皆と喜びを分かち合うことができたら良いのではないでしょうか??

要領が良いというか、良く言えば

臨機応変に対応出来る人

じゃないですかね。

確かに、悪い意味での要領の良さ=ズルい人は、周りを蹴落とし、一見生き残っています。手柄は自分、ミスは他人のせい、上司へのアピールは強烈!みたいな。見る目のない人ばかりの狭い世間なら、通用するかも知れないけど、「この人、他所ではやっていけないなぁ」と内心思っています。長い目でみれば、ズルさで得するかは、プラマイゼロのような気がします。

主さん、きっと悔しい思いや釈然としない、不条理な思いをされたのだと思います。でも、そんな人、放っておいて、自分の真面目さをキラキラ輝かせてください!

自分と他人を、要領がいい悪いで比較されてる紫陽花さんは、相当お疲れ状態ですね。自分も紫陽花さんと同じような経験あります。きついと思います。家庭もあるなら尚更、お察しします。

他人と、要領で比較しない自分の看護を実践、発揮できるようになるといいですね。一定の経験あるなら、訪問看護おすすめします😊

心と身体が回復するまでにも時間を要します。環境をかえる事がいい時もあります🌼

主さんの要領のいい人とは、人によって態度を変えるズルい人ですよね?

私は子供の頃から要領はいいです。仕事も要領よくこなしていると思います。

でも、要領がいいのは自分なりの効率のよさを考え、計画的にもまわるからです。

失敗した経験から学んだ事です。

もちろん、患者さんの状況や病棟の状況で計画通りにできない事も多々ありますが、そこをいかに臨機応変にできるかが大切なんだと思います。

自分で得たスキルです。

要領がいい人が生き残る…

言葉が違うと思います。

本当にそうなのでしょうか…?一見、そのように感じがちですが、患者さんがよく声をかけてくれるナースだと自負しています。臨床指導で学生さんから頂いたお手紙、自分のやっている看護は間違いじゃないんだ!って励まして頂いています。出世を考えるなら、やはりおっしょるように要領のいい方なんだと思います。自分の価値をどこに置くかで自分の考え方って変わってくると思うんです。でも、その気持ちは、よくわかるー🔥