ラウンジ
どのように対策してますか?

2015年12月06日26コメント2,082アクセス

基礎看護学実習が5日間ありレポートを初めのほうは朝方まで書いていたのですが、日を追うごとに疲れが蓄積していき、ふと気づくと寝てしまっていました。

慌てて書いたレポートだったので先生には何度も書き直しを言われしまい患者さんとの時間が減ってしまったり…。

みなさんは実習のときの睡眠ってどのようにしてますか?

もし寝ないでやるとなると、どんな対策をとって起きてますか?

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/26

実習生時代が懐かしいです。睡眠時間は短くても確保しましょう。翌日の実習にも支障がでますよ。頑張って下さいね。

はじめまして。

私もレポートが大の苦手で1年生の時は本当に苦戦したので主さんの気持ちが少しわかります😏家に帰って1度寝る人もいますが、かなりリスキーなので私はやりませんでした。寝ないでやります。

実習期間中の1日↓

⒈実習先にいる間に、本日は何をしたかという大きな項目を箇条書きする(バイタル、清拭、リハビリ見学など)。その項目ごとに事実を書いて、何を言いたいのかをまた箇条書きしておく(発熱してた、清拭で本人の爽快感が得られたなど)。ここでは簡潔に書くこと!ぱっぱっぱっと!(実習先でもう文章化できちゃうのは要領がいい方なんですよね)

⒉家に帰って食事を済ませたりして、1度実習のことから離れて頭ん中をスッキリさせる。

⒊レポートに取り掛かる。実習先にいる間に箇条書きしたものを文章化する(私はここが一番苦戦しました、、、)。これを0時や遅くても深夜1時には終わらせることを念頭に置く(私は特にこれを意識して自分で自分を焦らせることで0時にはレポートを終わらせていた)!

終わったら(実習期間中なので)テキトーに風呂入ってとっとと寝る。

今後も頑張ってくださいね

No.24

まず、寝ないでやるという発想を変えて欲しいです。自分の健康第一です。不眠のまま実習に行って、患者さんに何かあってからでは大変ですよ。

記録に追われる毎日なのもわかりますが、実習中は必要な援助に関わるところを優先的にやるのが良いと思います。

睡眠時間はきちんと確保してください。

帰ってきたら風呂入って飯食って大体20時から1時まで寝ます。寝る時は熟睡しないように畳の上で毛布と布団、寒い時期は炬燵も併用して寝ました。

この生活サイクルが自分にはぴったりなようで疲れもあまり溜りませんでした。

私も最初は睡眠時間が中々取れなくて、睡魔と闘いながら車を運転していた時期もありました。実習漬けになるうちに記録の書き方もコツが分かってきて、それからはしっかり寝られるようになりました。

慣れない時期は辛いことも多いですが、頑張ってください。

毎日まずしっかり勉強する。

疾患についてなどしっかり学んでいれば、実習中その勉強をする時間があまりかかりません。

あとは実習をやりながら、自分のやったこと、患者さんのことなど、記録にかくことなどを頭の中である程度まとめておくとらくです。

わたしはそれを休み時間に書きだして、記録はなるべく実習の時間中に終わらせていました。

睡眠時間が少なかったりなかった時は、なるべく寝れる時に寝る!目を閉じれる時に閉じる!これは結構やるやらないで大きいと思います!

私も皆さんと同じで、実習中にノートにまとめてました!書く内容整理したり、アセスメントも考えながら書いてました!私要領悪い方だったので、それでも時間かかりましたが、眠いときとか、疲れ溜まってるときに考えても頭はたらかないので、眠くなったら2時間とか決めて寝てました!それでも眠いときはブラックガム噛んだり、目薬さしたり、モンスター飲んだりで眠気覚ましてました!私が眠気覚ましでよくしてたのは寒いけど冷水で顔洗うことでした。私的に1番効果ありました!

一生懸命患者さんのために考えた記録は指導者さんにも先生にも伝わります!

そして患者さんも頑張ってるのよく見てくれてます!

頑張って!努力は報われる!

みなさんも書かれていますが、実習の合間などに文の構成を考えメモに走り書きをし、休憩時間などに書けるとこまで書く。また帰宅後はご飯食べて即寝してました。0時頃起きて目を覚ますために入浴、コーヒー摂取して記録してました。ご飯食べてからと記録してからで3時間ずつ寝れてましたよ〜

お疲れ様です^_^私は、要領が悪くまたエビデンスについて、あらゆる本から調べまくっていたので、時間がかかりまくりました。でも最後の方でやっと気がつきました。教科書からだけで充分だと。睡眠時間減らして、フラフラで思考力が低下した状態で行くより、元気一杯笑顔で患者さんと向き合える方が良いです。

最初は、慣れていないかもしれませんが、実習を重ねる度に慣れてきて、何を書けば良いのかわかってきます。個別性についてアセスメントするには、きちんと患者さんと接しなければわからないことも多いですが、疾患名だけでも必要な援助は、想像つきます。なので、私は時間のある土日に計画など書いておいてあとから修正していました。すると、平日の負担が減りました。無理しないよう頑張ってください😍

実習中になるべく書く内容をまとめ、昼休憩などに集中してやる!日誌も頭の中で書く内容を考えておく。また一つ一つに根拠をもっておくと、SOAPもかきやすいです。この考えで実習中は7.8時間は寝て全て合格しています。

実習中であっても、書きたいことがあればフレーズだけでもメモしたり、文章の構成を考えたり、調べたいことをメモしたり調べたり、できることをしておくと時間が短縮できると思います。家に帰ってからゼロの状態から始めようとするから、時間がかかるのではないでしょうか。