ラウンジ
両下肢関節拘縮のある方の足浴介助方について

2016年01月15日18コメント2,523アクセス

患者さんは日中寝たきりで、普段はベッド上で寝ており、リハビリ時・昼食時に車椅子に乗ってデイルームでお昼を食べに行く位しか起きる事はありません。拘縮のリハビリも含めて車椅子の乗車時間延長を目標に、昼食後に足浴の援助を行いたいと考えたのですが、下肢に拘縮があるため車椅子にのっての足浴にはテキスト通りの技術は行えません。指導者さんには、ビニール袋を用いた足浴、ダンボールを重ねて拘縮した足の高さまで上げて行う足浴を例に挙げていただきましたが、もしその他に方法があれば知恵を頂きたいです。唐突な質問になってしまい申し訳ありません。😭

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/18

>19 1175さんへの返信

コメントありがとうございます。

自分自身の意識の低さが、患者様にご迷惑をかけるところでした。ご指摘下さり誠にありがとうございます。

患者の状態に加え、具体的な年齢まで公開し、個人が特定されかねない状況だと思います。患者の個人情報に関しての認識が甘いです。

>17 。さんへの返信

おはようございます😌

何度も優しいお言葉をありがとうございます😿社会人から看護学校に入学して、新卒の仲間と比べてスタートが遅れている分、焦りも感じている毎日です…

本来の姿に戻って考えてみる。。。たしかに今の患者さんの姿しか捉えていませんでした。貴重なアドバイスありがとうございます。

17さん・17さんのプライマリーであった先輩にも感謝申しあげます😭

No.17

>14 エネゴリさんへの返信

大丈夫 大丈夫♪

最初から応用力ある学生さんや新人さんなんて皆無だから。

そもそも そんなデキる学生さんや新人さんがいたら経験者の立場がないですから(笑)

では 切り口を変えて…。

買い物が好きで比較的若い方というのが本来の姿。

今の姿から本来の姿に近付けるためにはどんなアプローチや支援が必要でしょうか?

これは昔 私のプライマリーだった先輩の受け売りです。

支援計画に煮詰まった時は ここに戻ると意外なことに気がつくこともあります。

>15 ぽこぱんさんへの返信

お忙しい中、コメント下さり誠にありがとうございます!

皆様のケアを参考に看護計画を立案・実施できるように頑張ります😿

シャボンラッピングなんてどうでしょうか?(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

>13 。さんへの返信

もったいないお言葉ありがとうございます😭応用力がきかないぶん自分の力不足を実感する日々であります😿

患者さんはまだ74歳で若い方なのですが数年前から寝たきりの、状態なんです。趣味はコミュニーケーション時にお買い物だということをお聞きしたのですが今は自力で動くこともままならず移乗についても全介助です。手はたまに痺れがあり、寝たきりで循環が低下しているためと考えております。こちらも数年前からあり、指先をもんだり爪を押すことで解消されるとお聞きしました。足浴に加え、手浴とハンドマッサージもケアに考えております。しかし、なにぶん応用力不足で教科書など参考にしてケアを考えてしまうため個別性にあった援助を行えていないと反省しております…主人公は患者様!また、実習をさせていた抱いてることに感謝の気持ちを忘れずに考えていけるようになりたいです。

No.13

>12 エネゴリさんへの返信

真面目でステキな学生さんですね。

では もうひとつヒント。

担当の患者さんの趣味や楽しみはなんでしょうか?

看護学生が陥りやすい悩みだと思うのですが、何かのケアをすることだけが看護でしょうか?

年齢が分かりませんが 寝たきりということは上肢の力や手の巧緻性の低下はありませんか?

認知機能や意欲の低下は?

自分が何かをするのではなく 一緒に何かをしていただくことで楽しんで座位時間を延長するということは できませんか?

現場に出たら なかなかできないことでも学生の実習期間なら出来るという特権を活かせると思いますよ。

>7 。さんへの返信

お忙しい中、コメント下さり誠にありがとうございます😭

私の説明不足で申し訳ありません…拘縮部位は両膝関節、車椅子はスタンダードなタイプを利用されております!患者様は昼食時以外はベットで過ごされており、他の時間は寝たきりとなっております。車椅子の乗車時間の延長を目的に足浴を行おうと考えておりましたが、技術本を参考にしており、主人公は患者様で考えられておりませんでした。皆様のケアのアドバイスを参考に患者様にあった個別性の看護計画の立案・実施できるように頑張ります‼

>5 ミロさんへの返信

お忙しい中コメント下さり誠にありがとうございます😿

私の説明不足で申し訳ありません…拘縮部位は両膝関節、車椅子はスタンダードなタイプを利用されております。

ケアについては技術本を元に計画しており足浴用のバケツを使うことばかり考えて個別性を考えられておりませんでした。ケアのアドバイスを参考に個別性にあった看護計画立案・実施できるように頑張ります!😿