ラウンジ
患者家族に怒鳴られた

2016年01月18日33コメント2,905アクセス

すべての行動が過剰な家族が病棟にいます。

行動はかなり行き過ぎていて、ボイスレコーダーを病室に仕込んだり、どの職員が何時何分に何をした、何を言ったなど目の前でノートに書き留める。使用している薬や患者の状況をデジカメでとる、それを病室で自前のパソコンにまとめるという行動を毎日取っています。

特にトラブルがあったわけでなく入院時からそんな感じです。家族から治療について医師から十分にICを受けているのにもかかわらず毎回処置や使用薬剤について質問される状況です。

この間、使用薬剤について今の症状とこの薬はあっているのかなど質問されました。医師から薬剤使用開始の時に説明の行っているの内容だったので「看護師はお話できる範囲が限られますので詳しくは医師に確認をしてください」と返答するとすごい剣幕で「ふざけるな!!それじゃあ看護師がいる意味がないだろう!」と怒鳴られ詰め寄られました。

怒鳴られる対応をしたつもりはないので、悔しいし理不尽だしやりきれないです。その後怒鳴ったくせに普通にオムツ交換などを依頼してきて平然としています。まあ、思い通りにしたいのでしょうけどその心理も理解できません。そして医師や師長には態度をガラッと変えます。

上司や主治医も問題視して家族面談を持ちますが、ことを荒立てたくないようで強い態度に出られないようで、強制退院もさせられません。

こんな状態でその患者家族がいて平然と業務をする自信がありません。本当は少し休みを取りたいくらいダメージを受けていますが、人数が少ないから無理、なるべく関わらないように勤務するようにとのことでした。

似たような経験をされたり、その時どのように立ち直ったなどエピソード聞かせていただきたいです。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/33

>31 置き猫さんへの返信

お疲れ様でした

無事に、退院されて良かったです

カルテ開示は、事務長やら

リスクマネージメントの偉い人達が

対応するでしょうね

世の中には、桁外れの人がいる

また、これから中途半端に

法律を振りかざす人が増えるのかな

と思います

頑張って行きましょうね

>30 グーさんへの返信

コメントありがとうございます。

上げ足を取る傾向にありましたので看護師からの説明などは一切しないように統一した対応をしました。

先日無事退院となりましたが今後も気が抜けません…

>29 翡翠さんへの返信

デスノート…ちょっとクスッとしてしまいました(^^)

私たちも内容によっての担当窓口を決め対応を統一しました。

やはり専門家に対応してもらいたいですね。臨床心理士から見て明らかに家族が精神科領域の患者なので対応は専門家でないと難しいと言われました。

先日無事退院を迎えましたが、今度はカルテ内容を開示するよう迫ってきているようです。この先てに入れた情報から何をしてくるか…困ったものです。

あー、いますね。

私なら・・・症状とか薬の事など聞かれた時は、「前置きですが看護師には説明できることできないことがあるので、私にわかる範囲での説明でも良いですか?もしかしたら先生と言ってることと違うこと言って、家族さんが困ってしまうこともあるかも知らないので、先生に聞いたほうが早いこともありますよ?」とか言いますね。

それでも良いと言うなら「○○さんの症状がこうだから、ではなくて一般的にこんな症状ならこの薬が投与されるとしか言えません。すみませんね」とか言います。

時折、看護師を試してくる患者、難癖をつける要素にするためにわざと質問する患者といますから、どれが正しいのかはわかりませんが。

言える言葉、スタッフ一堂が統一した対応をするためにも、カンファレンス人気かけては如何ですか?

いまよね

私達も、デスノートと呼んでました

記録する、訴える

日常的でした。

病棟レベルで話し合い

担当が、やはり苦労してましたが

説明は医者から、クスリは薬剤師からと

家族に、医者から説明して納得してもらいました

病棟全体で、それ以外にも

ケースワカーにも、入ってもらい

プロジェクトになりましたよ

>25 hamuさんへの返信

具体的なアドバイスありがとうございます。

精神科経験がないものでそのような見方もあるのかと視野が広がったような気がします。

確かに家族がなぜそのような行動をしているのか、それが意味することはどのようなことなのか分析すると家族が求めている対応に行き着く気がします。ここまでされると看護者もこころを閉ざし淡々と業務をこなすような対応になってしまいがちですが、やはり安心して入院生活を送って欲しいことには変わりありません。辛い経験をしましたが、わかりあいたいという気持ちがまだどこかで残っています。

病棟で勉強会をもって、皆で今後の看護に役立てるいい機会かもしれません。早速提案してみたいと思います。ありがとうございました。

>24 健三さんへの返信

同じような経験をされた方と辛さを共感し癒されたかった気持ちはあります。

ただご指摘のように今後同じようなケースに当たったときに同じことを繰り返さないためにも冷静に病棟スタッフで向き合うことも大切ですね。

的確なアドバイスありがとうございました

>21 hopeさんへの返信

コメントありがとうございます。

今回の場合後者のような印象を受けました。

看護師を追い詰めるような言い方を突然して、私たちが困る状況を作り医師とのコンタクトを取りたいときに自由にとるという傾向にあります。

私たちは助言のようにやりとりの詳細をカルテに残すことしかできません。こうして自分たちを守るしかないですね。無事退院を迎えられるよう頑張ります。

>17 置き猫さんへの返信

そんな風に言わないで。

私はこの家族さん、境界型人格障害の特性があるように思いましたが。

神経症と統合失調症の症状を併せ持つこの病気の方、それ自体の治療で関わることはそう多くなくても、臨床でお目にかかることはよくある気がします。

もしそうなら、こちらに非がある、なしによらず極度に不安、不信(証拠探しのようにいろいろ記録媒体を使われてましたね)、感情の揺れがあるので、個人的に辛くなったり傷ついたりどう乗り越えるかというより、対応の仕方を学ばれたら良いと思う次第です。

一人で立ち向かうのは最もまずいやり方です。

看護者が疲弊してしまっては何にもならないからです。

今回急に怒鳴られたのは、明らかにあなたの「詳しくは医師に確認を」というフレーズが着火してしまった。うかつなことは言わない方がいい、という思いが、突き放されたように受け取られたからではないでしょうか?BPDの方はそういうことに過敏に反応します。

あなただけでなく、ほかのスタッフにも一貫した配慮ある言動が望まれます。

冷静に、巻き込まれず、さりとて誠実に対応するというのは難しいことですが、自分が被害者としての訴えではなく、看護者としてBPD特性を持つ方への対応について、病棟内で話し合いがもたれるよう声をあげてみてはいかがですか。

>17 置き猫さんへの返信

>穏やかだった家族が豹変し怒鳴られレコーダーを突きつけられたこと

今回の原因がハッキリしているじゃないですか?

似たような経験をした人の意見を聞くまでもないでしょう。

貴女が受けた辛さに共鳴して欲しいんですか?

貴女の問いかけた事例に対しては、貴女は今後のことも考えて解決方法を模索することよりも、貴方自身の保身や受けた心の傷の深さを知って欲しいだけなのですか?

何故その様な行動をとるようになったのか?

そこでしょう解決するのは。 

同じような経験者も乗り越えるには原因究明が一番だったと思いますが。

貴女の質問に答えてくれる人達は、貴女の病院で貴女と働いている訳じゃない。

最良の解決方法は当の病棟で話し合うことだと思いますが。