ラウンジ
アセスメント

2016年01月26日4コメント965アクセス

アセスメントが全然わかりません

皮膚の状態が良い場合

しっかり皮膚を清潔にしただいているのだとおもう

またリハビリ中の室温が20度だったのですが

温度がリハビリ室で20度でしたが患者さんは暑いと感じたということはしっかり代謝出来ているということだとおもう

などでいんでしょうか。💦

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

4件/4

「皮膚の状態が良い場合」とは何を基準にしているんですか?

皮膚の状態が良いとはどんな状態?

皮膚の観察項目に何があるかわかってますか?

それがわかっていないとアセスメントすら出来ませんけど・・・

そして、「しっかり皮膚を清潔にしただいているのだとおもう」って安静次第ではお風呂にも入れませんし、清拭も毎日しているわけではないので皮膚の清潔を必ずしも保っているわけではありません

しかし、極端な話1週間お風呂にも入らず清拭をしなかったからって皮膚の状態が悪くなっているとは限りませんよ

で、「温度がリハビリ室で20度でしたが患者さんは暑いと感じた」とありますが、リハビリをしてから暑いと言ったのか、それともリハビリする前から暑いと感じたのかで違ってきますよ?

リハビリしてから暑いと言ったのなら、代謝が上がったと考えられますが、リハビリする前から暑いと感じた場合何が考えられますか?

まず、アセスメントするためにはそれぞれ観察したことが必要になってきます

なので、観察して情報を集めることですね

それぞれの状況で何をアセスメントしたいのか大事ですよ。

また、その状況を、そうであると断定、推測する根拠は何ですか?

何となく、そうじゃないかと思うではなく、裏付ける根拠も必要になると思います。

状況が分からないと回答しづらいですよ?

しかも、なんのアセスメントをしたいのでしょうか?

皮膚の状態?代謝機能?清潔保持の意欲?

いろいろありますよね。

主さんが載せた情報だけで考えるのであれば、まずアセスメントするのに情報が足りません。

アセスメントって情報が線で結ばれて見えてくるものですから、情報があればあるほど根拠にも繋がり、分析しやすくなります。

またアセスメントの最後は「思う」でなく「考える」です。

分かっていたらすいません。

頑張ってください!

准看資格取る時に実習もあったんじゃ。

皮膚の観察は何故するの?

室温(環境)をなぜみるの?

まずは、必要な視点をもつ。

いきなり「何でもアセスメント」は荒いよ。

その患者さんはどういう状態、理由で入院してるのか、原点はそこからじゃないかな。