ラウンジ
末梢点滴と抗生剤直列、側管入れず

2016年01月26日32コメント11,292アクセス

最近療養型病棟に就職(中途採用)したちょっと古株の私ですが、新しい職場での点滴の仕方が初めてみた形で悩んでいます。ふつうベースの点滴ラインがあって抗生剤は側管(三活だったり、閉鎖システムだったり)から決められた時間で1日2回とかが普通だと思っていました。新しいところでは全て直列で行い、側管や側管ラインはコスト減のために使わないのだそうです。つまり例えばベース維持液500ml 2本と抗生剤CTRX 1g (生食100ml)2本だと、どうするか。

朝9時から抗生剤1本入れて、終わったらベースの維持液(ソリタT3これは配合変化しないそうです)500ml 2本を午後3時くらいまでやってこれが終わったら2本目の抗生剤を1本やってその後、生食ロックという手順です。

 これだと結果的に朝夕抗生剤やって維持液も入っていますが、なにか違和感がありませんか? ベースの時間量とは別に時間通りに抗生剤入れるために側管から入れるんじゃないですか(もちろん配合変化があるときは対応します)? これでは日勤帯で夕方の抗生剤いれるために維持液がおわらなそうだったら点滴早くしてまでむりやり直列で全部入れている感じです。

 維持輸液はそれ自体栄養と水分補給の目的もありますが、基本的な考えとして静脈路のベースであるという(側管つけてここからいろいろ治療薬を入れる)役割があるのではと思っていました。ACLSやJATECなどの救急の場では側注しますよね。

 いまのところのラインには側管(閉鎖式であろうがなかろうが)がないので、高齢者が急に具合が悪くなったときに他のナースはどうしているんだろう?と疑問です。他の病院でこういう抗生剤直列で側管使わない職場に勤めているかたいたら教えてください。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/32

そこそこの病院や病棟で違いますよね。納得出来るまで聞いてみてはどうですか?

コスト削減とは別視点で

夜はぐっすり休んでほしいとの意味で急性期を脱した時期に、夜間は持続点滴をしないと言う事をしたことがあります。

持続点滴で入眠できず、夜間のライン自己抜去とかも起こる場合に眠前までに点滴を終了させることをしていました。

3活ローカルルールについてですね!

うちの病院の急性期の先輩は、

「ルートは自分の使いやすいように作って良いけど、センスがでるよねー」と。

急性期でポンプつけたり、配合禁忌もたくさんあるため、抗生剤は単独のルート作ることもしはしばありました。3活でつなげられるなら繋げてしまいました。

うちの病院の療養は抹消ルートは必ず3活使ってますね。抗生剤あろうがなかろうが。

言ってる意味はわかります。

私の職場は、三活ルート使います。

が、そういう事は、ここで聞かず、職場のスタッフに聞くべきです。

その病院のやり方、根拠があるはずだし、そこでずっと働くならば、そこのやり方に従うしか無いですね。

それでも納得いかないなら、師長等の上司に聞いてみては?

あなたの病院の事なので、あなたの病院の人に聞きましょう。😃

無駄を省くにも限度があると思います。

業務効率をあまり考えない病院なのでしょうか。

療養病棟は結構忙しいですから業務が煩雑になるとストレスが

溜まっちゃいますよね。

No.27

>20 ベスパーさんへの返信

こんな事で掲示板に愚痴をたらたら言うのなら、貴方も辞めたら良いんじゃないですか?

その事業所その病棟のやり方がありますので、「違和感」だけで文句を言ってもしょうがないね。

聴くなら病棟で聞きなよ。そんな勇気はないんでしょうか??

側管から抗生剤を投与しないことを見て、それがどうだと問題提議するのであれば、抗生剤の特性上、その投与方法が問題ないかどうかと考えるべきだと思いますが(濃度依存性なのか、時間依存性なのか)。

また、メインの補液に対しての考え方も不思議です。維持液が栄養補給になる????側管からの投与の静脈路確保????

側管からいかなくて問題ない薬剤なのであれば、コスト削減もできて一石二鳥、そうでないのであれば、薬剤を変更してもらうように医師に相談するか、必要に応じて三活を使うことを管理者に伝えるなどの調整をするのが古株ナースの役割ではないでしょうか。

急変したとしても、療養型でDNARの方ばかりであれば、側管注ができるルートを常に使っていなければいけない理由はないでしょう(療養型への転院の際、急変時の対応がDNARであるなどの説明がされて、それを了承した上で転院されている方がほとんどだと思いますが)。

もし側管注が必要にになったのならば、その時に三活をつければいいですし、そもそも22Gか24Gが多いであろう補液ラインで急変時の対応をしようと粘りますか?

「今」の職場の患者さんに補液がされている目的、病院の特徴がをきちんと理解されているとは思えないですね。

他の方も書かれていますが、「私、このやり方みたことない!ありえない!」と騒いでいるようにしか見えません。

No.25

どれが誰に対する返信なのかわかりませんが、疑問に感じるのであれば、その時点で医師や他の看護師やまだ付いてくれているのであればプリセプタに確認するのはどうでしょうかね?

ここで他のところのやり方をあれこれ聞いたところで、ベスパーさんの納得の行く返事はもらえないと思いますよ。

だって、自分のやり方しか受け入れてませんもの。

>いまのところのラインには側管(閉鎖式であろうがなかろうが)がないので、高齢者が急に具合が悪くなったときに他のナースはどうしているんだろう?と疑問です。

ここまで自分の思う疑問点がはっきりと明確にわかっているのに、今の職場でそれを確認せず、この場であれこれ聞いても反発するような意見の返信をしているようじゃ疲れてしまいますよ。

疑問に感じたら聞く、曖昧なままにしない、と言うのは看護ではもちろんですがどんな仕事をするうえでも大事なことだと思うのですけど、どうでしょうかね。

今の職場での方針を受け入れる気持ちがあるのであれば、ここに書いた自分の思う疑問を今の職場の人に問うてみてはどうですか?

ベスパーさんが今の職場のやり方を受け入れられない限り、納得する答えはここでは出ないと思いますよ。

あえての緊急性がある場合の測注を、と言うドクター指示のものがある場合は三活を使うか、それよりドクターが先にワンショットで打っていると思いますけどね。

あくまでも看護師の仕事は医師の指示の下で行うことですし、どうしても三活使いたいならコスト削減って言ってるのを無視して使えばいいんじゃないですか?

それで他の人に何か言われても、自分はこう思うので三活を使いました!って言えばいいですし。

ま、ものすごく自分勝手なことだし空気が悪くなるのは間違いないでしょうけどね。

どんなにだらだら書いたところで、何も響いてないんだろうなぁと思うから疲れる、本当、うちの職場の人かと思うくらいおんなじこと言ってますよ。

No.24

>20 ベスパーさんへの返信

>まったくそのとおりで、ここの職場は新しく採用された人は早い人では朝来た人が午後にはもう辞めて連絡とれない状態ということもあるそうですが。

という、あえて「〜いうこともあるそうですが」と実際にあったかどうか、自分が確認したわけでない「曖昧」な情報で職場の状況を補足するのは、何か意図があるのでしょうか?

こう書くと逆ギレするのでしょうか?

>21

>そんな体制の病棟にいたら看護感がおかしくなりますよね。

看護感とは看護観のことでしょうか?抗生剤を直列で投与して、コスト削減をするとおかしくなる看護観とは一体どのようなものなのでしょう。

自分の知らないことは反射的に拒絶するのではなく、妥当性がどうなのか考えた方がいいと思います。