ラウンジ
褥瘡処置について

2016年02月01日45コメント9,768アクセス

仙骨部にポケットあり、かなり深い黒色の褥瘡形成の方がいます。

施設で、デブリもすることなくゲーベン処置のみで浸出液多量で悪臭も強い感染創です。

発熱も続き、病院受診も困難な状態です。

看護師が、できる処置はどのような方法が適切なのでしょうか?

ゲーベン塗布し、ガーゼに穴開きのポリ袋を被せたもので覆い、テープ固定してます。普通のガーゼのみで固定した方がよいのか、感染創ですが、滅菌ガーゼを使用するべきなのでしょうか?

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/45

主様の職場の地域は存じませんが、かなり多くの地域で、受診が困難な患者さんに、往診してくれるところがありますよ。褥瘡を専門としているところも増えています。

治療は医師の範疇ですが、看護師は充分な洗浄や除圧での創傷管理や、栄養状態の改善等を支援することだけでなく、たとえ受診が困難であっても、できる限り患者さんが適切な治療を受けられるように、他職種や他施設との連携や様々なサービスを調整することも大切な仕事だと思います。

黒色は皮膚が壊死してると思われます。壊死している部位にいくら軟骨処置を施しても改善しないです。

恐らくもう少し皮膚状態の良い時期に、その壊死様部位を溶かして改善させる目的でゲーベンを

使用してたのでは?思います。

黒色になってしまったらデブリして、浸出液は最初は多いのは仕方ないですね何回かガーゼ交換してプロスタンディン軟膏少し良くなったらユーパスタとか良いのでは?

皮膚科の往診医依頼できたらよいですよね。

施設でしたら、完全滅菌まではいかなくても清潔なガーゼで良いのではないでしょうか。

ただその前にその方の生命が心配です。デブリ出来る全身状態なのか?そのまましていると敗血症など生命も危険な状態になる恐れがあると思います。

デブリの可否をみた上で、ゲーベンかユーパスタか、フィブラストスプレーかなど考えると良いと思います。ゲーベンでも、その奥にポケット形成させてしまう可能性もあるので、そこを踏まえた上での考案が必要にもなると思います。医師との相談もして、適宣、内容の変更も検討としては如何と思いますね。

No.44

早急に、病院受診したほうがいいですよ

黒色壊死組織をデブリして、石けんの泡&微温湯で洗浄

イソジンシュガー+ガーゼで、浸出液を吸収させる。

処置は、1日2回

私は、老健に勤めています!

褥瘡問題は、私も力を入れて取り組んでいました!

老健で、できる処置は、限られてきますが、私だったら、石けんと、たくさんの微温等で洗浄して、ゲーベン塗布してオムツで作ったパットを当て、浸出液を吸い込ませます!

なるべく、デブリで、黒色壊死の部分をとってしまい、残りは、ゲーベンで、溶かします!

1日、2回の処置です!

栄養改善も大切です!栄養を増やし、

浸出液で、水分がでますので、水分も多めにします。

後は、熱に対してですが、抗生剤の服用が必要です!

そして、熱源となっている、創部のクーリングとで、私だったら対処します!

それでも、悪化するようなら、

大きな病院に、受診します!

穴開きポリは、ラップ療法ですよね?

感染創には、向きませんので、やめたほうが良いですよ!

医師に診てもらう事はできないのでしょうか?

侵出液が多いならば、ガーゼよりも使用していない尿パットを穴あきポリで覆った物で保護した方が余分な侵出液を吸収してくれて良いですよ~(´∀`)

でも、壊死や炎症具合が酷いみたいですのて、1日も早い病院受診が必要だと思います。

全身状態が悪いならば、家族と相談して命の危険があることを説明してから病院受診を勧めてみては如何でしょうか?

救急車でも、介護タクシーでも病院までの搬送は可能なのではないでしょうか?

それでも、施設での看取りをご家族が望まれるのならば致し方ないとは思いますが……。

大変ですね(ーー;)。

褥瘡管理については、自分なりに情報収集しましたか⁉️

まず、壊死組織を取り除き、炎症を抑えるアプローチをします。創部の状態をみながら湿潤環境を整えます。

高齢者施設では、外用剤も限られ、ドレッシング材も種類が限られたり、下手をすると無かったり、早く受診をと看護師がイライラしたところで、医師が動いてくれなければ、手の打ちようがないですよね(ーー;)。

現在、全身症状として発熱があるならば、抗生剤投与が必要ではないでしょうか。外用剤に選択肢があるならば、融解力の高いものを選び、壊死組織を取り除きましょう。かなり古い時代は、融解剤が無く、ドライにしガーゼごと組織を取り除く手法がありました(ーー;)おすすめはしませんが・・・。黒色の壊死組織はガチガチですか⁉️一部でも突破口的に開けてあげると少しは改善出来るのでは⁉️

また、ポケットがあるようなので、体位交換は適切ですか⁉️仙骨部は安易に横に向けていたら、肉付きの良い方は創や周囲の皮膚がたるみ、ズレの原因になる事があります。マットレスは適切ですか⁉️

栄養状態はどうですか⁉️

壊死組織が無くなり、感染が落ち着いたら、多少のポケットがあっても陰圧療法が可能です。在宅や外来でも4週まではコストがおとせたと思うので、使用可能かと思います。

とりあえず、創をみて下さいね。壊死組織を無くし、感染を汚染、もしくは、定着期にもっていくのが良いのではないでしょうか。

質問に対する回答でなくてごめんなさい。

どのような訳があるのかはわかりませんが、病院での適切な治療が受けられないなら、このままでは死亡します。

発熱があり受診できないと書いてますが、だからこそ受診しなければならないのではないでしょうか。

まずは、除圧と栄養管理と清潔、指示通りの局所管理では?

看護の出来ることをして、それでも良い結果が出ないのであれば、医師に治療方針の再検討を依頼するのがスジではないですか?

私も以前、軟膏やドレッシング材が本当にこれで良いのか?と悩んでいた事がありました。その時に貰ったアドバイスは、とにかく除圧‼︎あとは、看護師出来ることをますしなさいと。軟膏やドレッシング材の処方は看護師には出来ないよね。と、、、。

褥瘡は、受傷の原因(圧とズレ)をとりのぞくと治る事が多いと聞きました。

なぜそこに褥瘡ができたのか?なぜポケットが出来たのか?それはどんな姿勢や行動に起因しているのか?

やはり、看護は観察とアセスメントが大事だと思います‼︎

因みに、その方の褥瘡治療のゴール、目標はどこでしょうか?家族や医師、一緒に働くスタッフと共有する事が大切だと思います‼︎

頑張って下さい‼︎