ラウンジ
ADLの自立した患者さまについて

2016年02月02日12コメント1,465アクセス

学生としてはじめて骨折の患者さまの受け持ちをしています。ADLが自立しており部位の固定はしていますが食事が自立、清潔は初日にシャワー浴が自立し、排泄も自立、車椅子での移動も自立、衣服の交換も体が柔らかく固定していても自立できており、リハビリについていくぐらいの援助しかできず、希望する援助をお聞きしてもあなたの好きにしていいわよと言われてしまい自立しているので困っています。疼痛も無く薬も少なく副作用もみられません。退院したいと病室でリハでやっている体操などをしており退院にむけて筋力をつけるなどの看護問題をつくろうとしても糸口もみえません、、どうかご助言お願いします<(_ _)>

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/12

>12 きつねさんへの返信

実習お疲れさまでした。

「何かすることだけが看護ではない」ということを、今回の実習で学ぶことができて良かったですね。

患者さんを多角的・多面的に「みる」ことのできる「感性」を今から育んで下さい。

これから先、必ず!あなたの力になるはずです。

様々な経験をして、たくさん悩んで、臨地における学びを積み重ねて下さい。

頑張って下さいね。

心から応援しています。

コメントを下さった皆様ありがとうございました。基礎看護の実習が終わりました。返信が遅くなってすみません。はじめての受け持ちで患者さんによって自立度は様々で教科書通りの援助だけじゃないということを学びました。今まで習ってきたような援助がしたいとどこかで考え、視野が狭まっていたようです。その患者さんを理解し、本当に必要な援助を行えるよう勉強していきたいと思います。本当にありがとうございました。

元々自宅で自立して生活されていた方で、元の生活に戻るのがゴールなのであれば、

入院前と入院中の今とでは何が違うのか、

どういった所をクリアしたら元の生活に戻れるのか、

に注目してみてはいかがでしょう。

何かのお手伝いをするだけが看護ではありません。

フィジカルアセスメントもしてくださいね。

何歳の方ですか?

骨折の原因は何ですか?

退院後は家族とお住まいですか?

退院後の日常生活で注意することはないですか?

食生活は問題ないですか?

患者さんを取り巻く環境により、援助は変わります。

なぜ退院できず入院しているのでしょう?

どうしたら退院できるのでしょう?

どうしたら入院中や退院後によりよい生活をおくることができるのでしょう?

車椅子で移動しているということは足の骨折でいいんですかね?

足の骨折であれば、両手が使えるので自立していてもおかしくありません

ただ、今の状態では退院出来ないですよね?

なぜでしょう?

そして、細かい所に目を向けましょう

患者様が出来ない事を援助するだけが看護師の仕事じゃありません

観察してますよね?

医師は患側の足をどうするように指示していますか?

免荷でしょうか、荷重可でしょうか?

患者様は指示ちゃんと守れてます?

また痛みはなくても、腫脹や痺れ、足指の動きはどうですか?

固定はちゃんと出来ていますか?ずれたりしてませんか?

固定も何をしているのか知りませんが、ずれたりした場合看護師がし直すのかそれとも患者様で出来るやつなのかで変わります

患者様で出来るやつなら、ずれた時にちゃんと固定し直せるのか確認もいりますよ

退院に向けて努力されているということですが、退院時どういう状態で帰るんですか?

両松葉、片松葉、杖なし、固定はしたまま?それとも除去して帰る?

そして、「疼痛も無く」って、受傷から何日経過してるんですか?

本当に痛みはないんですか?

安静にしてれば痛くないけどリハビリしている時は痛いとかないんですか?

と、細かいことを上げれば色々あります

患者さんの趣味は、なんでしょう?そこから、手指の巧緻性などリハビリに繋がる事を私は取り入れていました。

リハの方にも相談し、下肢筋力向上だったら負荷をかけるため、足首に巻く重しを作成したり、評価表やパンフ作成したりと、自立してる患者さんだからこそ、できる能力を引き出せますね。疲れない範囲で✨

後はスキントラブル防止で足浴、保湿、罨法は喜ばれますね。足裏や、爪も観察して下さいね。足の爪のケアなかなか難しいです。

患者さんと良い関わりができるといいですね😊

では、今回の骨折の原因は何だったのでしょうか?

また骨折しないように、環境整備するなど安全対策や骨折にいたらないように栄養指導するなどで援助できるはずです。

患者自身が努力をしているなら、それをサポートするのも看護ですよ♡

車椅子自立でも、家に帰るのは車椅子ですか❓歩けているのなら、ただ平面だけを歩ければいいですか❓家で物が落ちた時や洗濯のとき、家事などをするだけのADLは獲得できていますか❓浮腫はないですか❓禁忌肢位は理解してますか❓

以外とほじくればあるものです٩( ᐛ )وほじくってほじくって、少しでも足りないところを補う援助ができるといいかもしれませんね!

>あなたの好きにしていいわよと~

この文章から受け持ち患者は女性ですか?

年齢が書いていないので何とも言えませんが、もしその方が主婦なら入院によってその方の家族はどうなるのでしょうか?

小さい子供がいる? 高齢の親を見ている?

独身なら会社勤めしていての入院で心配なことはないの?

ADLがほぼ自立していて貴方の看護計画を立案できない。

「骨折」「回復期のリハビリ」にしか目が行ってませんか?

相手の患者が年上でも、ちょっとしたことでの話し相手や入院による不安や不満等のストレスを聞くことでも、充分その人の看護になるのでは?と思いますが。

患者からすると、病気のことでも痛みの緩和でも無い、ただの些細な事って言うのは、忙しく働いている看護師には言えないことですよ。

ちょっとしたことに気付く看護師を求めているのかも知れません。

学生だから時間はたっぷりあるし、病棟にばかり居なくても気分転換を図る目的で一緒に散歩をしたり、売店の買い物に付き合ったり、喫茶店があるなら一緒に喫茶店に入って世間話をするって言うのも、学生だから出来る「寄り添い」になると思いますがね。

病院の実習だから病気に対する「身体的な関わり」だけですか?

病気で入院してその人の元気だった頃の生活はどのように変化するのか?

もっと「普通に生活している人」という視点を持っても良いんじゃないのかな?