ラウンジ
管理者って……。損?

2016年02月13日8コメント2,553アクセス

とある 医療法人で訪問看護ステージを立ち上げらることになり経験年数も適度の30台後半の2人を選出。文房具 フオーマットなども自分達で決めながら熱意を持って進めてきました。ですが彼女達は法人との契約で子供が小さいので土日休みが条件とのこと。それで私と全く同じ年俸契約。私は管理者として会議 渉外活動 他職種との連携 等々。でしかも管理者手当ては一切なし!

当然2人は土日祭日休みなので 連日 訪問しなくてはならない患者様へ訪問ある為 土日祭は必然的に勤務になり中々休みも取れない状況で。それでも必要としてくれる患者様の所へ訪問出来る訪問看護が好きで 頑張ってきましたが。体調を崩し休職、その間 別の管理者に。いったい私はなんだったのでしょうか?

結局 体調は戻らず退職しました。

今でも 自分は無能だったのかと 鬱状態になってます。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

8件/8

訪問看護ステーションで働いています。管理者は大変と思います。ただ、雇われ管理者であるならば、最初の契約の段階で会社側とのやり取りが良くなかったのではと思います。キツイ仕事も契約通りなら文句は言えないですからね。周りの人も、契約通り働いているだから、罪はないですから~。とにかく色々納得しながら、毎日を送れるといいですね😊

温かいコメント ありがとうございました。

これからも 看護師として あくまでも看護師として 仕事をしていきたい!この気持ちで これからは自分の歩幅で歩みます。♥🙇

鬱状態になるほど大変な苦労をされたのだと思います。

大変お疲れ様でした。

主さんの気持ちを追い詰める気はさらさらありませんが、レスさせていただきます。

タイトルにある通り、看護職で管理者をするのは損だと思います。

私も管理者でそれなりの管理者手当が出ますが、夜勤手当がつかない代わりに管理者手当がついてるようなもので、他のスタッフと手取りは大差ありません。

にもかかわらず、管理者としての責任があり、スタッフの教育、突然の休日出勤や勤務調整、休日でもいつ呼び出されるのではないかという不安にさいなまれ、さらにはスタッフの立場をわきまえない愚痴に怒りを覚える中、残業手当もでない現状です。

雇用者からしてみれば、師長や部長と言えども所詮は一つの駒に過ぎず、いなくなれば代わりの人間を立てるのみ。

とは言え、それが世の中の常識であり、一国の総理大臣でさえ、いなくなれば代わりを立てるのですからね。

そんな中でもなぜ管理者としてやっていく意味があるのかと私は考えました。

それは経験です。

管理者になってみないと見えない景色があり、そうした経験が今後の自分の糧になっていくのだと思います。

主さんは現在自分を責め、やるせない気持ちでいっぱいだと思いますが、こうした経験もいつしか自分の経験知となり、他の人間では乗り越えられないような壁も超えていける人材になっていくのだと思います。

どうか自分を責めることなく、この経験が主さんの糧となることを期待します。

立ち上げから軌道に乗るまで、とても大変なご苦労を乗り越えてこられた中で、体調を壊されての退職...この先自分もそういう経過を辿るのかもしれないと思いながら読ませていただきました。

管理者になると、土日も祝日もあってないような状況ですよね。

私も元々身体は弱いので、いつも仕事から帰ってきたらヨレヨレですし、休みも会社の携帯が鳴らない日はめったにありませんので、休んだ感じもほとんどありません。

もしもあなたが無能であったら、今の訪看は出来上がってないですよ。

それだけ管理者って負担は大きいのです。

残念なのは、なぜ最初の契約時に管理者手当てについてもっと交渉されなかったのか...

私が今頑張れているのは、明らかにスタッフよりも高い給料もらっているからです。

それがなかったらこれだけの負担は背負えません。

でも管理者手当てが付いたとして、そこに差をつけてもらったとして、体調がついてこなければ遅かれ早かれ辞めることになると思うのです。

ですから今回の場合は、あなたの能力というよりも、体力的に無理があったのではないですか?

今はしっかりお休みされて、その経験を次の仕事につなげられるといいですね。

やはり、最初の契約が肝心。あるいは途中から、提案。

管理者といえど、

土日祝祭日の休みか、見合った報酬手当がないと、納得できないですよ〜〜。

1つの貴重な経験になりましたよね。

どうか、身体回復し新たなる職場が見つかりますように!

No.3

お疲れさまでした。

大変でしたね。ご苦労と虚しさを察します。

ただ 訪問看護ステーションの場合 管理者が休職などで長期不在になった場合 他の管理者をたてるか管理者代行としてスタッフにお願いするかしかないと思います。運営人数的にもギリギリですよね。

惜しかったな と思った点を以下に書きます。

・管理者として勤務することになった時に法人側と管理者手当やオンコール手当 休日出勤手当など細かいところまでつめて雇用契約はしましたか? 最初が肝心です。

・スタッフを選出する時に交代制でも土日祝日が可能でオンコールが可能という条件も入れるべきではなかったでしょうか?

・訪問看護師は利用者さん宅で訪問看護だけをしていれば良いというものではありません。現に私が今までいた訪問看護ステーションは一般スタッフにも役割分担(物品管理・書類担当など)や担当利用者さんのサービス担当者会議や新規受け持ちの場合は退院前調整会議から出席していました。レセプト作成も管理者である所長は多忙をきわめるためスタッフが行い管理者がチェックして提出していました。しっかり管理者とスタッフで業務分担が出来ていましたか?

私は管理者だから何かを犠牲にして当たり前というのは違うと思います。管理者である前に1人の人間です。プライベートもあります。全てをなげうって職場に尽くす必要はないと考えています。

主さまは 決して無能だったわけではありません。でも、自分で抱え込みすぎたんです。

次に訪問看護をする時には ちゃんと自分自身を大事にしてくださいね。

約10年 訪問看護に従事していた看護師より

こんばんは

体調はいかがですか?

大変な内容で、大変ながらも一生懸命やっていたことがわかりました

お疲れ様でした

結果様々なことがありましたが、

訪問を立ち上げる経験ができた、

子育て世代と仕事をすると実際の問題点が

わかったことも十分な収穫なのではないでしょうか…。

私も色々ありますが、次々に起こることに

ダウンしていられない!と思い、

いやー、すごい経験したな~とプラス思考にしています

まずは、体調を整えて次の職場を考えてみては

いかがでしょうか?

そういった環境、仕事を選んだのはあなた。

そこをまず受け入れてますか?

管理者であるあなたが休職してしまったなら、他の管理者を立てることは必然。

損得で管理者は出来ない。多少の犠牲は何かしらあるでしょうね。

うちの病棟の師長は家庭を犠牲にしすぎて離婚シングルマザー、子供放置。

そして余程看護に熱心でないと管理者にはなれない。

私はそういう熱意はないし、自分を犠牲にしてまでこの仕事にこだわりはないので、適度に収入を得られるパートです。

もちろん土日休み、休み希望は自由。そういう職場を選びました。