ラウンジ
105回を終えて。ボーダーは?

2016年02月15日32コメント26,244アクセス

みなさん国試お疲れ様でした。

昨日から早速自己採点してみました。

3つの会社の解答を見てやりました。

必修はどの会社でも46点でした。

一般状況は

1番良くて179点

悪くて176点。

もう一社は177点、でした。

これだけあれば安心出来ますか?

マークシートのミスはないと思いますが心配です。

去年より難しいという意見もあるよですが、どうなんでしょうか?

去年が159点ということで

155から165点だと予想してますが

みなさんどう思いますか?😱

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/32

5肢問題は確かに増えましたが、5肢択二は比較的難易度が低かったように感じました。

アセスメントして解く問題が多く、捻った内容もあり、迷う選択肢もありました。

個人的には第3回の全国模試(東京アカデミー)よりは若干難しかったです。

確実に上がるとも下がるともいえませんが、160点前後になるんでしょうかね。という感じです。

予想ボーダーである程度安心できる人もでてくるのではないでしょうか😊

ジュース一本賭けるくらいの軽いノリからの発言ですが😳

みんなの意見を総合すると、上がろうが下がろうが、170より上は大丈夫じゃないのかなって思ってます。

個人的には150台予想

出題形式の変化は大きいです😵

当たるも八卦当たらぬも八卦😌

No.35

>33 ななしさんへの返信

普通に考えて、霞ヶ関に看護師減らす意思はないでしょ💦

だって、看護師減らすより、こんだけ増えました、みなさん病院で入院なんかするより在宅で過ごしましょう、大丈夫です、看護師は沢山居ますから✌って言った方が国民受けするでしょ

仮に減らすなら、必ず計画として出して数年かけて減らすでしょ、定年制を統一して💦

それに、減らすならワザワザ、潜在看護師を戻しましょうなんて言わないよ💦

ボーダーは、あくまで全体の得点から、霞ヶ関が機械的に決めて、印鑑押して公表、例年通りの合格率でしょ💦

いきなり下げたら国会で塩崎さんが説明しなくちゃいけなくなるよ

>31 通りすがりさんへの返信

90%を前提とするならば通りすがりさんと同意見です。

長文&連投すみません…orz

超長い妄想ですみません…

ボーダーラインが上がる理由1

実は合格率は厚生労働省は何人看護師が欲しいんでしょうか。に依存します。

過去最大の受験者、64000人。85%の合格率でも55000人弱。昨年と同様の人数が確保できてしまいます。

90%前後を受からせるといいますが、看護大学のあいつぐ創設、准看護師の通信制入学への臨床経験の短縮化。不景気や公務員に近い制度も後押しし、今後受験生は確実に増え、看護師不足は解消されていく流れができあがりました。

ボーダーラインが上がる理由2

高齢化が進む日本では医療費が問題になっています。医療費がかさみやすく、増えすぎている急性期病院を減らしたいという意図があり、看護必要度の導入がありました。必要度が低い病院は、7対1看護ができず、病院に入るお金も減ります。すると看護師の必要人数が減ったり、報酬の低下から病院が潰れることが予測されます。つまり、2025年問題がありながら、看護師不足が[数字の上では]徐々に解消されていくように促されている現状があります。

ボーダーラインが下がる理由1

必修のレベルは以前と変わらないのに、104回から一般状況の傾向が変わり難しくなりました。医療の高度化、今後、看護師の権限の拡大化に必要な人材の確保のために運で受かる人を減らし、学力のあるものを合格させたい意図が感じられます。

以前に比べると、運で当たる確率が悪くなることから平均点は下がりそうです。

厚生労働省のさじ加減+問題の複雑さが進んでいることから、ボーダーラインはずばり!

俺にはわかりません…

No.32

>31 通りすがりさんへの返信

すげー自信だな。ま、合格発表までわからないと言う人が正解でしょうね。

😏

今年のボーダーは昨年より確実に下がると思います。(合格率が90%前後を前提としてですが)

必修問題導入以降、最もボーダーが低かったのは第99回国家試験の151点ですが、この年は必修問題が30問→50問に増加したこと、そして5肢問題が前年度と比較して一気に増えた年でした。

そして今回、5肢問題が35問→64問へと大幅に増加し、5肢択2問題が20問→24問へと増加しています。

4肢問題は適当に答えても25%は当たる問題ですが、5肢問題では20%となります。

そのような問題が30問も増えた試験を6万人の受験生が受ければ、よほど難度の低い問題を揃えない限り、普通に考えれば得点率は下がります。

151点にまで下がるかは分かりませんが、少なくとも昨年のボーダーよりは下がるでしょう。

逆にボーダーが上がると言われている方の大半は、周りの友達やクラス平均が高いからと言われています。もしくは学校の先生が言っていたなど…。

これでは、「ウチの親戚や周りの人は皆60歳までに亡くなっているから、日本の平均寿命は60歳だ!」と言ってるようなものです。

数十人程度のデータで統計的意義を語ることはできないのです。

また、必修は昨年より若干難度が下がったと感じた方も多いかと思いますが、これはあくまで平年並みに落ち着いただけですので、ボーダーに与える影響はさほど大きくないと感じています。

したがって…

1)5肢問題が大幅に増加したこと。

2)近隣の養成所や大学からの情報では軒並み昨年より平均的が下がっていること。(サンプル数1000人程)

以上2点の理由から、今年のボーダーラインは少なからず下がるものと考えます。

(特に、5肢問題が大幅増加のインパクトは大です。)

今年のボーダーライン予想は…

ズバリ、第101回の157点を下回る157点以下と予測します。

尚、毎年予備校(東アカなど)から予想ボーダーが公表されますが、実際のボーダーよりほぼ高めに公表されることをご念頭に置き下さい。

みなさんコメントありがとうございます。

マークシートのミスがないと信じて、ボーダーも変わらない、または下がると思ってこの1ヶ月楽しもうと思います!😊

ボーダー下がるかなーはじめは思っていましたがクラスに160台あまりいませんね。なので少しあがるのかなーと予想します。168点がボーダーかな‼

No.27

自己採点が合っていれば、安心して良いと思います。