ラウンジ
疑問な

2016年02月18日33コメント4,616アクセス

第105回看護師国家試験、午前66番の問題ですが(75歳の患者さんに対し災害に備えたインスリン指導を行う)わたしは4の平常時と同じようにインスリン注射を行う、を選択しました😒しかしどこの解答速報を見ても解答は2か3に割れており4を選択してるところはありません。75歳の高齢の方に正確にインスリンの名称を覚えさせることが果たして良いのか、消毒をせずに注射させることを看護師が指導しても良いのか、と疑問に思ってしまいます💦😭災害時の支援物資の量などを考える必要はないと思いますが超速攻型インスリンでしたら平常時と同じように食前に注射を行うべきかな~と。解答は厚労省が選択するのでわたしが疑問に思ったところで何も変わらないと思いますが同じように4を選択した方いらっしゃいますか?♥😵

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/33

問題内容が解らないのでなんとも言えませんが。

消毒自体は必ずしも必須ではないですね。そりゃ、普段は消毒しますが災害時、物品が来ない。消毒がないから注射出来ない→むしろ消毒よりもインスリンを投与し血糖コントロールするほうが優先順位は高い。 下手したら針も1つしかなければそれも使い廻すくらいの勢いじゃないでしょうか? 震災後暫くは一つのおにぎりを分け合って数日間耐えたとのこと。普段の食事より明らかに少ないのに食直前インスリンはどうなのか、、、悩みます。たまに食事摂取が不安定の人で、食後スケール打ちなんかもありますね。反対にランタスやNなどは食事に関係なくベースとして打つのか、、、

今は災害時の想定問題がでるんですね。難しい、、、

私も4にしました。

皆さんと同じ様に、今年の国試を受けた准看です。

臨床の場で実際に働いていて、どうかなぁ?と考えながら問題を解きました。

災害を想定した場合でも、指導の目的なら4かなぁ?と考えました。

過去問でも精神疾患の方に対し、災害時でも内服を継続する様に指導する。みたいな解答ありましたよね?

75才で認知症状がなくて、しっかり自己管理出来てる人でも、名称をキッチリ覚えている人は意外と少ないんですよね…

ただ、どなたかが仰るように平常の食事量の確保が出来ない状況を想定すると、どうなのかな?とも思えてしまいますが。

結局、コレでしょ!と言えませんが…🙇

No.33

>32 ピー子さんへの返信

スミマセン。

打ち間違いですσ(^_^;)

一回変換したあと、自動で変換していたもので

見落としてました

ありがとうございます

>31 ぴてさんへの返信

ラピットではなくてrapidラピッドです。

打ち間違いかなぁと思いましたが

繰り返し間違っていたので指摘させて

いただきました。

No.31

1開封したインスリンは1年使用できる

種類によって28日〜56日間での使用

2名称を正確に覚える。について

インスリンと一言で言っても、超速攻型・速攻型・混合型などに加え、超速攻型の中でもノボラピットフレックスペン・ノボラピットフレックスタッチ・ヒューマログミリオペンなど

型や名称の違うものがあるのはご存知ですよね?

もちろん、成分が違います。

超速攻型で反応がある人もいれば、反応がない人も居る。副作用が強く出る人も居る。

自分に合う一つのインスリン製剤を見つけるまでに、複数のインスリンを試す・量を変えるなどの段階を追うことも珍しくありません。

ヒューマリンはRとN、ノボラピットは30・50・70など、数字やアルファベットが違うだけの間違いやすいものもあります。

名称を正確に覚えておくことは、手持ちのインスリンを使い切った・震災で紛失や破損した際、配給などで自分に合った正しいインスリン製剤を受け取るために重要です。

年齢的に難しい・酷、って言われている方が多いですが

難しかろうが、酷だろうが、患者さま(もしくはご家族)が患者さま自身を守る為に必要なことです

3消毒せずに注射しても良い

個包装のアル綿とインスリンを一緒に保管していて、無事一緒に持ち出せたとしても、アル綿の袋が破損していて使えないこともある。

外出先で被災して、外出中に使う予定だった分しか手元に無い場合もある。

慌てての避難で、忘れて出てしまうことや咄嗟に手に掴めた分だけ持って出てしまうこともある。

支援物資がすぐに届いた、届くはずとの経験や考えもありますが、、、

すぐに支援物資は運べる地域もあり、すぐに届くこともあります。

が、場所や状況によっては1週間以上経ってやっと現地に入れるなんてケースもあります。

実際、3.11の時も1週間以上経ってやっと救助された・支援物資が届いたというニュースも流れていましたよ。

様々な可能性を想定すれば、最悪消毒せずにインスリン注射をしないといけない場合や全く打てない可能性だってあります。

4平常時と同じように打つ

十分な食事が取れるなら平常時と同じようにで良いけど

食事量が極端に少なくなっている場合(例えば、普段定食くらいの量を食べてたのに、一個のおにぎりを数人で分けて食べなきゃいけないとか)

いつ何が食べられる分からなくなっている場合

インスリンを打つことで低血糖になるリスクが高い場合もあり、その場合は量の調整や食後打ちに変える、打たないなどの考慮が必要になることもあります。

以上の点から

解答は2または3だと思います。

注射前のアルコール消毒は儀式みたいなもので、拭かなくても何も問題は起こらないと言ってるサイトもあります。

米国では服の上から消毒もせずに打ってるとか。

注射のアルコール消毒で検索すると、いっぱい出てきます。

私も4にした!

名前覚えろとか無理でしょー

アル綿無かったら注射とかダメやけど、災害現場となると、そんまま打ってそう…とか屁理屈言ってみたり。

私は、インスリン打たなかったらどうなるか、考えたら答え4しかないじゃーんってこの答えにしました。

>4 いちごさんへの返信

私は4にしました。

学校の見解では、災害時にアル綿が手に入らない、とのことですが、、、インスリンは手に入る、ということなんですかねぇ?(*_*)

アル綿もインスリンも災害時に入手できるかどうか、、、インスリンを自宅から、持ち出すという前提なら、インスリンとアル綿を一緒に保管してて災害時に一緒に持ち出したらいいわけで、、、

>22 ハートフルホスピタルさんへの返信

コメントありがとうございます🙇災害時は定期的に入浴することも困難なので手指だけでなく穿刺部位も綺麗とは言えないだろうと考えました💦手指も清潔ではない、穿刺部位も汚れている、という感染しやすい環境を作って良いのか、、、と疑問でした😭

>21 マエバさんへの返信

訂正ありがとうございます🙇