ラウンジ
自分が情けない

2016年02月18日3コメント1,201アクセス

今の病院に勤めて7年。それなりの仕事はしてきました。3年くらい前から進みたい方向が明確になり、研修や学校にも通いました。看護部長や師長にも話をしてあったので、いつかはその部署に異動できるという期待を持って仕事をしていました。やりたいことが明確になってなかったころは、今の病院が嫌で辞めたいといつも言っていました。先日部長と話す機会があり、希望部署への異動の可能性について直接きいてみました。その部署への異動可能性は0に近いと言われました。

はっきりと理由は言ってもらえませでしたが、私が辞めたいとよく口にしていたことが原因のようでした。数名の師長が扱いにくい看護師として部長に報告していたようで、部長にも一部からあなたの評価は悪いと言われました。

自分が発した言葉で自分の首をしめる結果となってしまいました。口は災いの元とはこういうことなんだと体験しました。

みなさん気をつけましょう。師長たちによい評価をしてもらえないと自分のキャリアに響きますよ。辞めたいとかやりたくない、嫌だということを言いすぎると、自分のやりたいことはできなくなってしまいます。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

3件/3

まさに身から出た錆ですね。「辞めたい」が口癖の人間は、周囲のモチベーションを下げるだけで、百害あって一利なしの存在でしょう。「辞めたい」のであればさっさと辞めればよかったのにと思います。

口は禍の元ということですね

やりたいことが見つかるということはすごいことです

希望ぶしぃへの移動の可能性が0なら

転職すればいいと思う

自分の進みたい道、やりたい事が明確になって良かったですね😊素晴らしいと思います✨

悔しいですねー😿

ただ「辞めたい」と言っていたという事だけが一人歩きして…

今の目標や夢を持った素晴らしい人になったということは広まらず…😿

どうか、そこで納まらずに、自分の意志を持って自分の望む道を突き進んで下さい😌