ラウンジ
関係ないかもしれないけど…

2016年02月20日16コメント2,215アクセス

頑固な爺さん(祖父です)が、「家の手伝いしろ」「節電しろ」とうるさく言ってきます。実習中で毎日徹夜なのですが、爺さんは全く分かってません。というか、すぐに忘れます。私自身が頑固者なので、爺さんと会うたびに毎回言い合いになります。土日は必ず顔を合わせるので、必ず何かあります。先ほども、電話がかかってきたのに出なかったからといって、丸1時間言い合いになり、記録やる気力すらなくしました。家の仕事は、専業主婦にでもならない限り無理です。爺さんは毎日定位置に座り、お酒ばかり呑んでいます。そんなに暇なら、自分で家事やればいいのに、とも思います。それはさておき、爺さんとは喧嘩してばかりなので、いつか実習中にボロが出そうで怖いです。前述の通り、私は頑固者で、ものすごく短気です。そのうえ、神経質でもあるため、患者さんと言い合いにならないように、指導者と言い合いにならないように、と気を遣いながら実習に行くのですが、気を遣いすぎて「消極的」とみなされてしまいます。寝ても覚めても、神経が張り詰めていて、自分が壊れやしないか心配です。頑固者との上手な付き合い方を教えてください。あと、自分の性格に疲れない方法とかあったら教えてください。お願いします。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

10件/16

おじいさん、お父さん、主さん

同じような性格なんですね

受け流したりすることも必要だけど

看護師になるのであれば

自分を抑えることも必要だし

お父さんやおじいさんを練習台にすればいい

そのようにすれば、見方が変わるかもよ

No.16

親とも喧嘩、祖父とも喧嘩って・・・

主な原因が見えてきますよね。

それを

>気を遣いすぎて「消極的」

にすり替える時点で、貴方の社会性が問題であると思います。

短気だと分かっていたって、別に消極的になる必要はありません。

と言うより、消極的にならずに接して行けない事を何とかしなければ・・・

>自分が壊れやしないか心配です

こんな状況で自分の心配ができるのでしたら、貴方自身は大丈夫でしょうが、周りを傷つけているかも知れませんね。

自分の性格がわかっているので、なんとかなるような気がします。

そもそも患者や指導者と言い合いになることなんて、性格では済まされないでしょう。患者さんの言葉への傾聴、指導してくださる方への教わる姿勢も大事だと思います。始めから言い合いなりそうでと思うには何かあるのでしょうか?相手と意見が違っても、言い合いすることに発展するのはどうでしょうか?患者さんはこれから看護師として看護していただくのに沢山あなたを頼り、間違った意見もあるでしょう、言い合いではない方法で相手を理解して頂けるように努力するのも学習だと思ってみませんか?

お祖父様の件は家族にしかわからない大変さがあるようで、一概に否定的な意見もできません

人生の先輩として学べるところは沢山あると思うので、寛容であってほしいです。お祖父ちゃんが初めから双方居なかったから、少し羨ましいです。嫌なコメントですよね ごめんなさい

体調壊さないようお過ごしください。

何十年も頑固者できた祖父様というか、人の性格を変えることは難しい為、上手に付き合っていくには自分が変わるしかないかもしれません。

今は、売り言葉に買い言葉かもしれませんが、祖父様の言っていることも間違いではないと思うので、1度受けとめる事も必要かもしれません。

実習や記録で疲れているから、毎日ではなくても、3日に1度でも、手伝いをしたり、節電?をしている姿を見せ続けたら、頑張ってるなと認めてもらえるのかもしれません。

あとは、親に協力してもらうとか…

1度、祖父様の言ってることを飲み込むと、少しは楽になるかもしれません。

実習頑張ってくださいね👍

>12 ほくろさんへの返信

一言で言えば、全てです。

お祖父さんの言い方が気にさわるのですか?

お祖父さんに言われている内容に対して気にさわるのですか?

それとも、お祖父さんのことが嫌いで仕方ないのですか?

「家の手伝いしろ」「節電しろ」

別に変な事をいっているわけでもなく・・・無駄な電気や水道その他もろもろ昭和と平成生まれの違いかも

一時間も言い合えるって凄いな

家庭での姿と社会に出ての姿と違うのは当たり前 言い合いとは?言いたいことを我慢するとか?

心の中みたらどす黒い感情が渦巻いているのでしょうか?

それを家で発散できるんだからいいんじゃないかと思います。

はけ口が家にあるって贅沢かと思うし、逆に発散できる場がなくなった時にとてもつらくなると思うから、家でじいさん相手に発散すればいいんじゃないですか?

頑固で短気で神経質だからって、みんな言い合いになるとは限りません。

苛立ちがあるわけでもないし。

まだまだ感情のコントロールが出来ないお子様なんじゃないですか?

どんどん他人や家族と言い合いして、どんどん反省したらいいんじゃないですかね?

そのうち自分の感情がコントロールできると思いますよ。

しゅがのりさんは、そんな頑固なお爺さんと1時間もディベートができるなんて、すごいと思いますよ。私も「あー…ハイハイ」ですよ。

自己分析もできていますし、他の高齢者や指導者と言い合いになる事はそうそうないかと思います。

お祖父様は、しゅがのりさんと文句を言いながら話ができる事が、実は嬉しいのかもしれませんね。

相手の言ったことに対して

言い返す ってのは マイナスで見ると

あれですが プラスで見ると 相手の意見をちゃんと受け止めて自分の意見を言えるってことだと思いますよ!

自分は 主さんと全く逆のタイプで

あ〜いま この人どうでもいいこと言ってる〜 って思うと

はいはい... って思って 右から左に 流れていくタイプなんで ちゃんと受け止めれるのに 羨ましいとさえ思います....

客観的に見て 正当な理由のある指摘しか 頭に入ってこないので...

言い返すこともあんまりないですし...

例えばですが

患者指導でありがちな

禁煙禁酒とかなんかも

医療者として 喫煙飲酒によるデメリットを指導することは 必要とは思いますが

個人的には 自分の好きなようにすればいいんじゃ?その結果としてデメリットあっても それは個人の責任でしょうと さえ思ってしまう感じなので...

実際 禁煙禁酒して 寿命伸ばすよりも

好きなように生きたいって人もいると思うんで お好きなように って感じで思ってしまい 患者さんと意見食い違うこともないかもです....

患者さんに 文句言われたりも なんとも思わない自分がいますし....

自宅に、良い老年期の対象者が居ると考えては、いかがでしょうか?

私の自宅にも、典型的な老年期の対象者が居ます。

患者さんにも、色々な患者さんがいらっしゃいます。

いちいちイライラするのではなく、老年期の特徴を身近で勉強させていただけて、ありがたいと考えてはいかがでしょうか?

私は、学生時代、典型的な老年期の特徴が現れているな!と思いながら、日常的に両親を観察していましたよ。(今現在もですけど。この物忘れは、病的なものか?とか、それを調べる為には、病院に連れていきたいが、どう説明をしたら納得して病院で検査を受けてくれるか?とかですね。支配的な態度では、絶対に上手く行きませんし、その為、どういった説明なら、納得してもらえるのか?といった事は、日常的に学ばせてもらっていると、私は感じています。私の父親が、母親に対して、○○しなさい!と、言うことを聞かせたいが、その様な支配的な態度では、絶対に言うことは聞きません。どうして嫌なの?と、理由を聞いたら、今は嫌だけど、寝る前ならいいとか、その人なりの理由があったりもします。そういった事も、私は、日常的に勉強させてもらっていると、感じています。)

看護師として働きだしたら、いちいちイライラしていたら、仕事にならないと考えます。

短気では務まらない職業だと、私は感じます。

家族だから、余計にイライラするかもしれませんが、老年期の対象者として考えたら、老年期になれば物忘れもありますよね・・・って、看護の勉強をしていれば理解できますよね?

そういった感じで考えたら、そこまでイライラしなくなるのではないでしょうか?